メインコンテンツに移動
サービス情報 公開日:2020.08.26

高い視認性と訴求力で、効率の良い集客が期待できる「Yahoo!カーナビ」に広告掲載しませんか?

ディスプレイ広告(予約型)

運転中の疑問や不安を解決し、ユーザーが安心して運転できる多彩な機能を搭載した本格カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」(iOS版、Android版)。累計ダウンロード数1700万を誇り、関東を中心に全国で使われています。
「Yahoo!カーナビ」では、アプリ起動時やメニュー一覧の上部に広告を出すことができます。
自動車に関する興味関心が高いユーザーの属性や行動を踏まえたプロモーションを展開することで、マーケティング効果が期待できます。


高い視認性と訴求力で、効率の良い集客が期待できる


「Yahoo!カーナビ」に掲載される広告は、高い視認性と訴求力からCTRが高く、効率の良い集客が期待できます。特に画面占有率の高いオープニングパネルのCTRは、平均1.36%、オープニングパネルとメニューパネルの合計では平均CTR1%以上となっています。


車に関する興味関心が高い、40~50代の男性ユーザーが利用


「Yahoo!カーナビ」の利用ユーザーは、40~50代の男性が中心となっており、40~50代の男性が好む趣向品やスポーツ関連商品などのプロモーション効果が期待できます。


活用イメージ


全国の駅やテーマパーク、ショッピングモールなどでプロモーションが可能


「Yahoo!カーナビ」の目的地は駅や空港、テーマパーク、アウトレット・ショッピングモールなどが設定されます。

新型コロナウイルスの影響のため「Yahoo!カーナビ」の利用者数は減少し、レジャーなどの外出は控えていたと想定できますが、緊急事態宣言解除後は前年度の水準に戻る傾向が見られます。4月、5月には、目的地にダムやキャンプ場が上昇しており、家族でダム見学やキャンプを訪れたことが伺えます。


また、ユーザーの「ショッピングモール」のへの関心は、緊急事態宣言発令後に大きく上昇し、7月は前年度よりも高くなっています。ユーザーの興味関心が高まっているアウトレットや大型施設などのコロナ対策や入店制限などの告知に、広告を利用することも可能です。


自動車に関心の高い40-50代男性にマッチした商品・サービスや、大型施設などのプロモーションにぜひご活用ください。

詳細は、以下の資料をご覧ください。



関連リンク:Yahoo!カーナビ(外部サイト)
 

※画像出典:アフロ
文:西村 由梨子(LINEヤフー株式会社)

この情報は役に立ちましたか?