• ホーム
  • 事例
  • 運用型のブランドパネル枠で獲得増を実現! スマホのCPA改善事例
ディスプレイ広告(運用型)

運用型のブランドパネル枠で獲得増を実現! スマホのCPA改善事例

株式会社オーネット

2022.09.05

Yahoo! JAPANのトップページ最上部(ファーストビュー)に掲載されるYahoo!広告 ディスプレイ広告(運用型)のスマートフォン版 ブランドパネル枠(以下、ブランドパネル枠)は、多くのユーザーに届く視認性の高い広告枠です。結婚相談所を運営する株式会社オーネットは、2022年6月、会員数増加の目的でブランドパネル枠に広告出稿しました。この施策について同社の金子亜希子氏に伺いました。

「スマートフォン版 ブランドパネル枠」とは

 「スマートフォン版 ブランドパネル枠」とは

スマートフォン版 Yahoo! JAPANトップページにあるディスプレイ広告の掲載枠です。広告主の予算に合った配信設定と柔軟な広告運用が可能で、ビューアブルインプレッション課金です。

※広告管理ツールの「キャンペーン目的」の選択画面で「ブランド認知」が表示されるお客様のみ利用可能です。

参考:ディスプレイ広告(運用型)でスマートフォン版 ブランドパネルのみに広告配信する方法を教えてください。(ヘルプ)

より良い婚活の場を提供「結婚相談所ならオーネット」

全国40支社にてサービスを展開し、実績豊富な担当アドバイザーと共に婚活を進めることができる株式会社オーネット。創業42年、よりよい婚活の場を提供し続けている老舗企業です。同社は豊富な「出会いの場」の提供に加えて独身証明書の提出を必須とするなど、「結婚をまじめに考えている」なら最適な結婚相談所です。

結婚相談所を運営して42年。出会いを支える専任アドバイザー制度がある同社

 

目標

CPAを下げ、入会につながるお客様に広告を!

「弊社は独身男女の婚活サービスです。広告を配信するメディアで重要視しているのは、ターゲットである20代〜30代の"結婚をまじめに考えている"独身男女のユーザー数です。テレビCMは"ブランド認知"を目的に、ウェブ広告においては"コンバージョン"、つまり入会につながるお客様に広告を届けることを目標にしています」(金子氏)

常に広告管理ツールを確認しているという金子氏。「毎日のように広告管理ツールにログインして数値の動きを見て調整しています。ただ、小まめに運用をしていても、婚活市場の活性化にともなう競争激化で入会までの獲得単価(CPA)が高騰するようになっていました」と、金子氏は言います。

施策

「結婚希望者」に届け! ブランドパネル枠へ配信

「獲得単価を下げるためであれば、媒体社からの良い提案は積極的にトライしていきたいと常々思っていました。ただ今までディスプレイ広告(運用型)は、主にインフィード広告(スマートフォン向けサイトのタイムラインに掲載される広告)のような配信を実施していたため、ヤフー担当者から提案いただいたブランドパネル枠への配信は二の足を踏んでいました」(金子氏)

「勝手なイメージですが、ブランドパネル枠への配信はインフィードに比べて獲得単価が高くなり、獲得効率が悪くなる気がしており敬遠していました。けれども、ヤフーの担当者からそれまでの他の配信面での結果、今後のシミュレーション、ターゲティング案、クリエイティブ選定のレポートをいただき"やってみよう"と決意しました。2022年6月からの実施にあたり、過去インフィード面で数字がよかったクリエイティブを活用しました」(金子氏)

実際に配信したクリエイティブの1つ

実際に配信したクリエイティブの1つ

参考:ディスプレイ広告(運用型)でインフィード広告のような配信をする方法はありますか? (ヘルプ)

結果

CPA 23%改善、CVR 1.6倍、CTR 4.6倍に!

2022年6月から、ブランドパネル枠に広告を掲載した結果、同時期のインフィードでの広告配信と比較して、獲得単価は23%改善、コンバージョン率(CVR)は1.6倍、クリック率(CTR)は4.6倍と、良い結果を出すことに成功したオーネット。また、リード獲得以降のご契約に至る転換率も改善し、大きな成果を上げることに成功しました。

成功要因は「やはり、多くのユーザーが目にするブランドパネル枠のインパクトの強さと、インフィードでクリック率のよかったクリエイティブ4本で試した点です」と金子氏。実施後も獲得単価(CPA)を確認して、効果の良くないクリエイティブを差し替えるなど、弊社担当者と一緒に細かく調整したとのこと。

効果が出たことで社内でも高評価を得たそうで、ブランドパネル枠への広告を「継続」していただけるという嬉しいお言葉もいただきました。

インフィード広告とブランドパネル枠での比較

※配信期間:2022/6/1〜6/15

展望

さらなる会員数の最大化を目指す

「Yahoo! JAPANはサイトとしての信頼性も高く、優良メガ媒体なので、弊社のターゲット層との相性もよくメディアとしては最適です。また、精度の高いターゲティングも魅力的です。今後は、さらに獲得単価(CPA)を下げつつ、さまざまな広告媒体に配信してリーチを拡大し、より会員数を増やしていきたいです。動画広告はもっとできると思いますし、テレビとデジタル(テレデジ)の効果を最大化したい。さまざまな媒体を駆使して、『本気で結婚したい方』に弊社に足を運んでもらいたいです」と金子氏は締めくくりました。

株式会社オーネット マーケティング本部 広告部 顧客開発グループ マーケティングチーム リーダー 金子亜希子氏

 
企業名
株式会社オーネット(外部サイト)
所在地
東京都
従業員数
495名(2022年1月時点)
事業内容
結婚情報サービス事業
イベントの企画、運営に関する業務
出版事業(会員情報誌の発行)
その他上記に関する周辺業務

当記事は2022年7月の情報をもとに構成しています。掲載内容、所属団体、部署名、役職名等は、取材時のものです。

文責:紅露佳子(ヤフー株式会社)

関連記事