• ホーム
  • 事例
  • Yahoo!広告をはじめて 新規の若年層のお客様が3割に増えました
検索広告

Yahoo!広告をはじめて 新規の若年層のお客様が3割に増えました

日本トーター株式会社

2020.04.03

日本トーター株式会社様の検索広告(リスティング広告)、ディスプレイ広告の成功事例です。Yahoo!広告を活用することで、全国の事業者様がビジネスを着実に拡大しています。

企業名
日本トーター株式会社
所在地
埼玉
関連リンク
事業内容
公営競技場の開催業務に関するシステム及び端末の開発や運営代行・支援及びコンサルタント業務
ご利用中のサービス

※Yahoo!プロモーション広告は、2020年度Yahoo!広告として刷新し、検索広告とディスプレイ広告になりました。 掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。

広告主様の課題

弊社は主に、全国の公営競技場の運営支援に関わるシステム及び端末の開発と運営支援や運営代行及び コンサルタント業務を行っています。
2015年にリニューアルした川口オートレース場特別観覧席の運営委託を川口市様より受け、2016年よりWEB広告を出しています。川口オートレース場特別観覧席の独自サイトで広告を出しましたがお客様からの反応があまり良くなく、本当に広告が効いているのかどうか不安でした。

検索広告、ディスプレイ広告(運用型)

検索広告ディスプレイ広告(運用型)のリターゲティング広告を主に活用しています。

昨年末に、川口市在住の方向けにYahoo!のトップブランドパネルの広告を出しました。

新規の若年層利用者が増加

広告を出しているときは、明らかに利用者が増えています。 利用者のうち最大3割程度は、新規の若年層の方が増えています。

利用者を底上げ

今まではもともと来場者数の多い日を狙って広告を打っていました。今後は利用者の少ない日を狙ってイベントと連動し、利用者の底上げを図っていこうと考えています。