メインコンテンツに移動
サービス情報 公開日:2022.08.05

無料でコツが学べるLINEキャンパスとは? LINE公式アカウント&LINE広告の運用スキルが身につく!

その他

LINE公式アカウント、LINE広告の運用で成果を上げたい運用担当者の方には、無料でコツが学べる「LINEキャンパス」がおすすめです!この記事では、LINEキャンパスでできることを解説します。

目次

LINEキャンパスとは?

LINEキャンパスは、LINE公式アカウントとLINE広告についての基礎知識、効果的な運用のコツが無料で学べるオンライン学習プラットフォームです。LINE公式アカウント、LINE広告の運用を始めたものの「使い方がよくわからない」という初心者はもちろん、「さらに運用の効果を高めたい」というスキルアップが目的の人を対象とした、さまざまなレッスンを無料で提供しています。


LINEキャンパスには、初期設定や運用方法を紹介する「学習コース」と、学んだスキルを証明するための公式認定資格「LINE Green Badge」が取得できる「認定資格コース」の2つのコースがあります。

LINEキャンパスはこんな人におすすめ!

LINEキャンパスは運用初心者だけでなく、すでに運用を始めている人にもおすすめです。初心者の方と経験豊富な方では抱える悩みや課題が違うため、学ぶ目的もそれぞれ変わってきます。本章では悩み別におすすめのコースやレッスンを紹介します。

【これからアカウントを開設する人】アカウントの作り方&基礎知識が学べる!

これからLINE公式アカウント、LINE広告の運用を始める!というときに最初のステップとなるのが「アカウントの開設」です。


アカウント開設の手続きは、情報登録から開設完了までの全てがオンラインで完結します。手軽に開設できる反面、スムーズに開設できないとアカウント運用における最初のハードルになってしまうこともあります。LINEキャンパスの学習コースでは、LINE公式アカウントとLINE広告のアカウント開設までの流れを実際の画面で解説しているので、アカウント開設の手順がわからない、スムーズに開設したいという方はぜひ学習コースを受講してみてください。
 

【LINE公式アカウント】簡単ステップでアカウント開設
【LINE広告】広告アカウントを作成しよう

 

また、LINEをビジネスシーンでどのように活用できるか、マーケティングの基礎知識や適切な目標の立て方など、これまでWebでの集客に取り組んだことがない人に役立つレッスンも用意しています。「何から始めていいかわからない」という方は運用を始める前に学習コースで基本的な考え方を学ぶことで、効果的な運用を実現することができます。
 

【使い方に自信がない人】アカウント運用のポイントや初期設定の見直しができる!

アカウントを開設し、いざ運用を始めたものの、「うまく使いこなせているか自信がない」「初期設定が正しいかわからない」「用語の意味がわからない」と不安になる方も多いのではないでしょうか。まずは運用全体の流れを理解して適切な初期設定をすること、用語を理解して目的に合った機能を使いこなすことが効果を出すポイントです。

LINE公式アカウントで重要な3つの設定

アカウントを開設後、友だちを集める前にまずやっておくべき重要な3つの設定が「プロフィール」「あいさつメッセージ」「リッチメニュー」です。いずれも運用効果を高める重要な機能で、設定のポイントと設定方法を学習コースで解説しています。

【LINE公式アカウント】初期設定のポイント

LINE広告で重要な3つの設定

LINE広告は、広告を配信するまでに大きく分けて3つの設定が必要です。これからLINE広告を始めたいけど自社にとって最適な設定がわからない、配信までの手順を知りたい、という方は学習コースで最適な設定方法や広告配信の手順について学んでみましょう。

 

広告配信に必要な3つの設定は、①キャンペーン②広告グループ③広告の作成で、この3つの組み合わせで広告が配信されます。広告配信で期待する効果を得るためには、それぞれで「最適な設定」を行うことがとても重要です。

【LINE広告】目的に合わせた配信設定のコツ

最初は難しい用語もレッスンで解説

LINE公式アカウント、LINE広告の管理画面には独自の用語が出てきます。最初は馴染みがなく難しく感じるかもしれませんが、学習コースには用語の解説レッスンがあるので、都度、用語の意味を確認することができます。用語の意味を理解することで、より目的に合った機能を使うことができるので、アカウント運用でやりたいことを実現しやすくなります。


【LINE公式アカウント】知っておくべきLINEの基本用語
【LINE広告】知っておくべき基本用語集

【期待した効果が出ない人】改善ポイントや効果的な運用のコツが学べる!

運用を続けていくうちに、「思ったような効果が出ない」という課題にぶつかる場合もあります。友だちが増えない、メッセージ配信の開封率が上がらない、広告がクリックされないなど、具体的な課題が見えている際は運用のコツを紹介した学習コースを閲覧してみましょう。


LINE公式アカウント向けには「友だちを集める効果的な方法」、ユーザーの目を引く「効果的なメッセージ配信のポイント」、LINE広告向けには「クリエイティブの効果をあげるコツ」など、課題を解決するヒントになるコースが多数あるので、運用のコツを学びたいという方はぜひ受講してみて下さい。

【成功事例から手っ取り早く学びたい人】運用にすぐ活かせる成功企業の事例が学べる!

運用を改善したいと思っていても、他の業務も抱えている運用担当者の方は情報収集する時間を作るのも難しいはず。そんな「時間がないので成功事例から手っ取り早くコツを学びたい!」という方は、他社の成功事例を自社の運用に取り入れることですぐに改善効果を得られるかもしれません。


LINEキャンパスの学習コースでは、店舗や企業の実際の成功事例を学べるレッスンを提供しています。LINE公式アカウントでは「EC・ネットサービス向けの成功秘訣」「美容・サロン店向けの成功秘訣」「教育事業者向けの成功秘訣」「飲食店向けの成功秘訣」、LINE広告では「地域ビジネスにおけるLINE広告の活用」と具体的な内容を紹介しているので、成功している他社のエッセンスを学んで自社の運用に活かしてみることをおすすめします。

【スキルアップしたい人】公式認定資格で社内や顧客、転職時にアピールできる!

LINE公式アカウントやLINE広告の運用知識・スキルを社内や顧客に対して証明したい!という方にはLINEキャンパスの「認定資格コース」がおすすめです。認定資格コースにはレッスンと認定資格試験があり、試験に合格するとLINEの公式認定資格の「LINE Green Badge」が取得できます。


LINE Green Badgeは、LINE公式アカウントとLINE広告に関する知識レベルの証明を受けられる、LINEが公式に認定する資格制度です。資格はLINE公式アカウントとLINE広告それぞれ知識レベルに合わせて「Basic(ベーシック)」と「Advanced(アドバンス)」があり、「Basic」では初期設定〜操作の基本的な運用知識を、「Advanced」では運用改善提案やAPIの基礎知識を証明します。


資格取得後は、認定バッジをプロフィールや名刺等に掲載したり、顧客へのアピール・転職活動など、様々なシーンで知識レベルを証明することができます。企業のマーケティング担当者の方や代理店の方をはじめ、ビジネスでスキルアップしたい方はLINE Green Badge取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

LINEキャンパスはこちら

関連タグ:
#LINE Green Badge

この情報は役に立ちましたか?