メインコンテンツに移動
運用テクニック 公開日:2023.12.22 更新日:2023.12.22

2024年!好スタートを切るためのチェックリスト

検索広告

長期休暇明けのチェックリスト

1.休暇中の掲載状況の確認

まずは、休暇中の掲載状況の確認をしましょう。
> 掲載結果の確認方法(検索広告)
> 掲載結果の確認方法(ディスプレイ広告)

広告の各指標(表示回数・クリック・コンバージョンなど)以外にも、アカウント残高の確認をしましょう。休暇期間中に残高が無くなり掲載がストップしていた場合、広告が掲載されないままの状態が続いてしまいます。

ココをチェック

  • アカウント残高の確認
  • 配信設定の確認
  • → 休暇中配信を止めていた場合には、忘れず配信をオンに戻しましょう。
      検索広告、ディスプレイ広告それぞれ階層ごとに配信設定が可能です。すべての階層でオンになっているか確認しましょう。
  • 設定状況の確認と調整
  • → 休暇中のユーザーの動きに合わせてスマートフォンの配信割合を増やした場合などは、設定の調整・見直しも行いましょう。
> デバイスターゲティング(端末を絞って広告を配信)

2.広告文の確認

休暇中の対応として、「即日発送OK」などの文言削除や、営業時間に関する内容の変更などを行った場合には、広告文や設定している広告表示オプションの見直しや確認を行いましょう。

作成した広告の内容は編集できないため、広告の内容を編集したい場合には、新たに広告を作成しましょう。

また、新規顧客を獲得するためには、日々変化する市場に取り残されないよう、キーワード(マッチタイプ)を見直してリーチ拡大することが重要です。

近年、検索トークン数が増加傾向にあり、ユーザーの検索ニーズが多様化、より詳細な検索へと変化しています。
この機会に見直しておきましょう。

>ずっと同じキーワードで運用していませんか?

3.設定の見直しや新機能の導入も検討しましょう

入札価格の調整に工数がかかっていませんか?
Yahoo!JAPANの膨大なデータをもとに、さまざまなシグナルを参照して入札を最適化してくれる自動入札なら、年始の多忙な時期でも「入札価格の最適化」と「入札調整の工数削減」を両立することができます。

>「自動入札」で目標に合わせて入札価格を自動で調整
>【自動入札タイプ診断】検索広告 自動入札のすすめ
>ディスプレイ広告(運用型)始め方ガイド

4.2024年の販促計画を確認|年始のユーザー動向に注視

年始のインターネットユーザーの動きにも注目をしましょう。この時期特有の検索傾向や、メディアの影響によるユーザー動向の変化などにも注目しましょう。

2024年1月のイベントと、前月より検索数が急上昇するキーワード、急下降するキーワードを前年の傾向から予測した販促カレンダーも広告出稿にお役立てください。

> ≪1月版≫2024年販促カレンダー

関連リンク

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703
平日9:30~12:00、13:00~18:00
(土日祝日お休み)

翌日以降(平日)のご希望日にご連絡いたします
(24時間受付)

まだYahoo!広告を始めていない方へ

「Yahoo!広告」だから
あなたの商品・サービスを探している人に届く!

Yahoo!広告の料金・事例・始め方がわかる

資料をダウンロード
お申し込みに関するお問い合わせ:0120-056-559
平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

 

※注意事項

  • 掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
  • 例示している画面はイメージです。
  • 例示している組織・団体名、数字は架空のものです。

 

 

写真提供:アフロ

この情報は役に立ちましたか?