メインコンテンツに移動
運用テクニック 公開日:2023.02.28

STEP4 拡大成長|Yahoo!広告推奨運用手法「六連」

検索広告

運用の自動化と効率化を実施してきましたが、継続したクライアントの事業拡大のためには
新規でのリーチを拡大し、顧客を獲得し続けることがきわめて重要です。

拡大成長における重要指標

4つ目のステップ、最適入札で重要となるKPIは下記の4つです

  • 完全一致以外のご利用金額率
  • アクティブキーワード数
  • キーワード最終更新日
  • DAS(動的検索連動型広告)ご利用金額比率

リーチ拡大には、入稿しているキーワードの配信機会を最大化したうえで、
配信する検索クエリーを増やしクリエイティブを適合させるサイクルを回すことが重要です。

1.入稿キーワードの配信機会を最大化する


配信しているインプレッション損失率の違いにより、以下のような対応が必要となります。


・インプレッション損失率が高い場合
設定した予算や掲載順位に課題がある状態
→インプレッション損失率を下げる対策が必要です。
≫【詳細】広告の表示機会を逃さないために

・インプレッション損失率が低い場合
配信中のキーワードが十分な配信機会を得られている状態
→マッチタイプ拡大やキーワード追加をおすすめします。

2.配信する検索クエリーを拡大する

アクティブキーワード数を増やす


獲得が見込めるキーワード数を増加させ、さらにマーケットにおけるキーワードの網羅性を高めて配信機会を最大化させることが重要です。

マッチタイプ拡大


「完全一致」で登録しているキーワードを「部分一致」「フレーズ一致」に変更することで、リーチ拡大および獲得件数の増加を目指します。



コンバージョンが発生している等、獲得が見込めるキーワードのマッチタイプを拡大することを推奨します。マッチタイプを広げる際、トークン数の少ないキーワードはリーチ幅が大きいと予想されるため注意して拡大してください。


DAS(動的検索連動型広告)の活用


動的検索連動型広告は、あらかじめ指定したサイトのコンテンツと関連性の高い検索キーワードに対して、広告のタイトルを自動生成して配信する広告です。 DASキャンペーンと標準キャンペーンを併用することで、リーチが広がるため、配信目的や運用状況に合わせて実施を検討してください。



≫【詳細】動的検索連動型広告のメリットと仕組み

キーワードとクリエイティブのメンテナンス


マッチタイプ拡大後にインプレッション損失率(ランク)が上がっている場合、関連性の低い検索クエリーに広がっている可能性があります。より細かくリーチ対象を調整するために、検索クエリーからの対象外キーワード登録を推奨します。


≫【詳細】対象外キーワードについて

さらにリーチ拡大してパフォーマンスを最大化するためには、広がった検索クエリーに適合するクリエイティブを用意することをセットで考える必要があります。


STEP4 拡大成長まとめ


  • 目的にあわせた拡大手法を実行する
    それぞれの手法の特性を理解してリーチ拡大を実行

  • 拡張マッチタイプを活用する
    「部分一致」「フレーズ一致」を効果的に使用し、新たな検索クエリーに対応できる運用を行う

  • 拡大後はメンテナンスを行う
    キーワード、クリエイティブそれぞれメンテナンスを行い、リーチ拡大による成果を安定させる

最適入札に関するより詳しい内容は検索広告 推奨運用資料の p64〜p96をご確認ください
≫STEP5 最適表現へ

 

※注意事項

  • 掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
  • 例示している画面はイメージです。
  • 例示している組織・団体名、数字は架空のものです。

 

 

写真提供:アフロ

この情報は役に立ちましたか?