メインコンテンツに移動
運用テクニック 公開日:2023.03.07

STEP5 最適表現|Yahoo!広告推奨運用手法「六連」

検索広告

最適表現における重要指標

5つ目のステップ、最適表現で重要となるKPIは下記の6つです

最適表現とは


ユーザーが検索行動を起こした際、掲出されるクリエイティブによってパフォーマンスは大きく変わります。ユーザーが求めている情報をクリエイティブで表現することで、サイトへの流入およびその後のコンバージョン確率を高めることができます。ユーザーがどのような意図で検索しているか、検索クエリーの内容と照らし合わせたうえでクリエイティブを用意することが重要です。
また、広告の掲載順位はオークションランクを基に決定されるため、入札価格を抑えながら効率的に掲載順位を上げるためには、広告の品質を改善する必要があります。

レスポンシブ検索広告を効果的に運用する

レスポンシブ検索広告について


レスポンシブ検索広告は、ユーザーが利用するデバイスのサイズに適した組み合わせで配信し、自動最適化によって検索語句との関連性が高まる広告フォーマットです。レスポンシブ検索広告の改善を行うことが、広告の品質と効果向上につながります。
≫ レスポンシブ検索広告とは?

パフォーマンス最大化の為、最初から最大件数の入稿をできる限り実施してください 例えば、アセットを15件入稿すると、広告1本あたりのインプレッション数・クリック数はいずれも最大化する傾向です。

※Yahoo! JAPAN調べ:2022/8/1~8/7期間において配信された、全レスポンシブ検索広告の実績を対象とし、広告1本あたりの実績平均値を比較
※レスポンシブ検索広告のアセット3件入稿時のパフォーマンスを100%として指数化

アセットの訴求内容の追加方法


キーワード、検索クエリー、リンク先のページから、追加する訴求内容を判断してください。 アセット追加の詳細は検索広告 推奨運用資料のP107~P116をご確認ください。

広告文と検索クエリーの関連性を高める重要性


検索キーワードと関連性が高い文言を広告(タイトルや説明文)に入れることで、ユーザーの目に留まりやすくなることが期待できます。タイトルに検索クエリーを含むとクリック率の向上も見込めるため、積極的に検索クエリーのタイトル追加を行うことを推奨します。

タイトルに検索クエリーを含まないパターンのCTRを100%とした場合の、タイトルに検索クエリーを含むパターンのCTRを指数化
期間:2021年12月
抽出対象:クエリー単位でインプレッションが1,000以上発生している広告グループの実績に限定

広告表示オプションの効果をより高める

広告表示オプションの入稿本数を増やす

※集計対象期間:2021/10/10~2021/10/16
※集計デバイス:PC、スマートフォン
※クイックリンクが紐づけされた広告グループ PC:49,854、スマートフォン:35,622にて最上部に掲載されているクイックリンクの掲載が4本以下、5本以上の場合において各指標を比較

拡張クイックリンクを設定する


拡張クイックリンク(クイックリンク説明文)が掲載されると、拡張なしと比較してすべての指標が向上し、掲載本数が多いほど向上する比率が高まります。ページ最上部での掲載に備えて、拡張クイックリンクの設定を推奨します。 ≫ クイックリンクオプションとは

STEP5 最適表現まとめ


  • レスポンシブ検索広告の運用方法をおさえる
    アセット追加やメンテナンスにおける運用ポイント押さえて配信する  
  • 検索クエリーとクリエイティブの関連性を高める
    クリック率および広告の品質向上をねらう
  • 広告表示オプションを効果的に使う
    オプションの入稿本数向上や、拡張クイックリンク設定によりページ最上部掲載時の効果を最大化
最適表現に関するより詳しい内容は検索広告 推奨運用資料の P97~P122をご確認ください。
≫STEP6 成果維持へ

 

※注意事項

  • 掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
  • 例示している画面はイメージです。
  • 例示している組織・団体名、数字は架空のものです。

 

 

写真提供:アフロ

この情報は役に立ちましたか?