メインコンテンツに移動
運用テクニック 公開日:2015.08.14

入札価格を見直す

なぜ入札価格の見直しが必要なのか?


広告が掲載されにくくなる理由のひとつに、入札価格を低く設定しすぎているということがあります。 広告の掲載順位は、キーワードの入札価格と広告の品質により決定します。そのため、入札価格を上げると広告の掲載順位の上昇を期待できます。さらに掲載順位が上がるとインターネットユーザーの目に触れやすくなるため、広告のクリックにつながり、その結果、成約につながる可能性が高まります。
逆に、単価が高いのに成果につながりにくいキーワードがある場合は、入札価格を見直すことで広告効果が改善される可能性があります。

キーワードの入札価格は、キーワードごとの成果や配信先の地域、時間帯などの状況に応じて適宜調整することが重要です。なお、広告の品質を高めることにより、入札価格を上げなくても広告の掲載順位を上げることができるので、 品質インデックスにも注目することも忘れないようにしましょう。
≫ 品質インデックスを上げるには

入札価格の設定方法

広告管理ツールへログイン

1. キーワード一覧の「入札戦略」でキーワードに適用されている入札戦略を確認


「個別クリック単価」「個別クリック単価(拡張クリック単価)」もしくは、キャンペーンで選択している自動入札タイプが表示されます。

2. 「キーワードの入札価格を適用する」を選択し、入札価格を入力します。




≫ 広告グループにおける入札戦略と入札価格の設定について

 

※注意事項

  • 掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
  • 例示している画面はイメージです。
  • 例示している組織・団体名、数字は架空のものです。

 

 

写真提供:アフロ

この情報は役に立ちましたか?