メインコンテンツに移動
運用テクニック 公開日:2022.09.05

サイトの流入数を増やす・クリック率を上げるには

検索広告

クリック率を上げるために以下を見直しましょう。

本記事の難易度

  • 初級
  • 中級
  • 上級

1.配信対象の見直し

サービスを展開している地域や店舗がある地域が限定されている場合や、クリックまたはコンバージョンするインターネットユーザーの地域に特定の傾向がある場合は、地域ターゲティング機能を利用することで、当該地域に広告の配信を集中させることが可能です。

他にも、サイトリターゲティング機能を活用すれば、過去に広告主様のサイトを訪問したことがあり、かつ検索サイトで商品やサービスを検索しているインターネットユーザーに対し、広告を配信することが可能です。

2.キーワードの見直し

  • マッチタイプの見直し
  • 対象外キーワードの登録

マッチタイプで「部分一致」「フレーズ一致」を指定したキーワードが多い場合、広告の配信対象ユーザーの範囲が広くなり、意図よりも幅広いキーワードで広告が配信されている場合があります。この場合は、「完全一致」への変更をご検討ください。

ポイント

但し、広告効果の高いキーワードは、「完全一致」から「部分一致またはフレーズ一致」に変更することで、クリック数やコンバージョン数が増加する場合があります。広告の掲載結果を確認のうえ、マッチタイプの変更をご検討ください。


商品やサイト内容と関連性がない検索キーワードについては、対象外キーワードを設定することで、クリックおよびコンバージョンにつながる可能性があるキーワードに広告の配信を集中させることが可能です。

≫ 対象外キーワードとは

3.広告の掲載順位を上げる・視認領域を広げる

  • 入札価格を上げることで掲載順位を上がりやすくする
  • 広告表示オプションを導入、訴求内容・視認領域を増やす

クリックおよびコンバージョンを多く獲得できるデバイス、地域、曜日・時間帯については、入札価格調整率の引き上げをご検討ください。 入札価格調整率を引き上げることで広告の掲載順位が上がりやすくなるため、クリック率が向上する可能性があります。


広告表示オプションを利用すると広告の下部に付加情報を表示でき、訴求内容に対するインターネットユーザーの理解が促進されるため、広告効果が向上する可能性があります。視認領域も上がることでユーザーの目につきやすくクリックに結び付きやすくなります。

≫ 広告表示オプションとは

4.広告自体の見直し

広告とキーワード・検索クエリーとの整合性を高め、クリックされる広告を新規で登録、不要な広告は配信をストップするなどの改善策を行いましょう。

≫効果に差が出る! 広告作り

クリック率を上げることで広告の成果を上げる!


十分な広告表示の回数があるのにクリックが少ない場合、クリック率を上げるような広告改善を目指しましょう。

広告運用の見直しとは、広告掲載の結果を確認しながら、改善を繰り返し行うことです。具体的な課題に対する解決策は複数あり、様々な改善を組み合わせることでより効果を出すことが出来るようになります。

関連リンク


≫ 検索広告 よくある質問・お悩みポイント解決方法

 

※注意事項

  • 掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
  • 例示している画面はイメージです。
  • 例示している組織・団体名、数字は架空のものです。

 

 

写真提供:アフロ

この情報は役に立ちましたか?