メインコンテンツに移動
ガイドライン・広告品質 公開日:2023.04.18

広告運用や出稿に悩んだらまずはココ! Yahoo!広告ヘルプページ

Yahoo!広告

Yahoo!広告の運用で疑問に思ったり、わからないことが発生したとき、どうされていますか? ヤフーでは、広告主・代理店の皆さまのYahoo!広告に関するお困りごとに対して、Yahoo!広告ヘルプページ(以下、ヘルプページ)を設けており、対応に迷われたときにすぐに確認いただけます。

本稿では、特に広告主や代理店の皆さまが日頃迷われることの多い、広告審査の仕組みや広告の否認理由など、広告審査にまつわる内容について例を挙げ、ヘルプページで最初にご確認いただきたい参照箇所について紹介します。

ヘルプページを見る

広告審査にかかる時間について

お悩み例:「審査が終わらない。いつ審査が終わるのか」

参考箇所

審査とは

ヤフーでは、インターネットユーザーと広告主の皆様の双方にご満足いただけるサービスの提供のため、独自の広告掲載ガイドラインを定めています。広告管理ツールから出稿後、入稿された全ての広告やキーワードについて、ヤフーが独自に定めている Yahoo! JAPAN 広告掲載基準(以下、広告掲載基準)に準拠しているかについてシステムと人の目で随時審査を行っています。そのため、審査には時間がかかることがあり、広告掲載までには3営業日前後のお時間をいただく場合があります。

広告の再審査について

お悩み例:「広告を修正したので再審査して欲しい」

参考箇所

Yahoo!広告 検索広告の場合:広告の再審査を依頼する
Yahoo!広告 ディスプレイ広告(運用型)の場合:運用型の広告の再審査を依頼する

広告が掲載不可となった場合、広告修正後に必要なことは広告の再審査をご自身で依頼をすることです。修正後の広告に対して、自動的に再審査は行われませんのでご留意ください。

広告審査の否認理由について

お悩み例:「主体者は入れているのになぜ広告が掲載不可なのか」

参考箇所

広告の主体者の明示

主体者表記については、ヤフーが定める規定に沿った形式で入っていないケースが多くあります。例えば、以下のような場合です。主体者の明示に関する理由で広告掲載不可となった場合には、まず広告掲載基準と照らし合わせて、規定通りに明示されているかどうかをご確認ください。

広告の主体者表示について
事例否認理由修正案
主体者表示の否認バナー例1 テキスト表記にも関わらず、「提供:〇〇」のような表示を伴っていないため ロゴに変更する、または「提供:〇〇」等を追記
主体者表示の否認バナー例2 商品写真内にのみロゴが入っているため 商品画像内の商品名のロゴマークでの代替はできないため、別途クリエイティブ内にロゴまたは「提供:〇〇」等を記載
主体者表示の否認バナー例3

※バナー(動画)におけるアニメーション終了後の動画サムネイル画像のイメージ図です。再生ボタンなど、実際の掲載時とは異なる場合があります。

定められた箇所に主体者の明示がされていないため サムネイルに主体者を明示する
※商品ごとに明示場所を定めている場合があるため、入稿規定のご確認もお願いいたします。
※左記商品の場合は「バナー(動画)-運用型」が適用となります。

お悩み例:「最上級表現を理由に広告掲載不可となっている」

参考箇所

最上級表示、No.1表示

広告を作る際に、「日本一」「世界初」や「最大」「最高」などの言葉を使用してそのサービスや商品などの優位性を表したい場合、その表示に近接する適切な場所に、以下の記載が必要であることが広告掲載基準で定められています。やみくもに最大級表現を使用することはできませんので、適切な記載を追記してください。

(1) クリエイティブ内の表示が省略されない箇所に第三者によるデータ出典・調査機関名および調査年が明記されていること
(2) 調査データが最新の1 年以内のデータであること

最上級表示、No.1表示について
掲載可否広告例理由
掲載不可 格安通販なら家風商店へ
送料無料!日本一の安値と品質!サポート体制も万全。
www.example.com
「日本一」の根拠となるデータの出典元または調査機関名および調査年が明記されていないため掲載できません。
掲載不可 県内一※の生徒数!
合格率も高い家風進学塾今なら入学金無料!
※2011年3月〇〇県塾協会調べ
根拠となる調査データが1年以上前であるため掲載できません。

まずヘルプページへ

  • ヘルプページの画面

    ヘルプページは2023年3月にリニューアルされ、サービスやカテゴリーから検索できるなど、従来版のヘルプページと比べて視覚的にも分かりやすくなりました。

    また、今までは詳細ページに設置されていなかった検索窓が設置され、詳細ページを確認いただいている際にも、改めて他の検索が可能になるなど、より適切な情報を探しやすくなりました。

    今春より新しくYahoo!広告の運用に関わる方もいるのではないでしょうか。 広告運用で疑問を持たれた際には、ぜひ新しくなったヘルプページをご確認ください。

ヘルプページを見る

※ヘルプページで解決できない内容については、別途設けておりますYahoo!広告ご利用中のお客様専用窓口をご活用ください。


文責:中井 美絵(ヤフー株式会社)

この情報は役に立ちましたか?