メインコンテンツに移動
  • ホーム
  • お知らせ
  • LINE広告アップデート情報 2024年6月 自動ターゲティング機能を正式リリース!

LINE広告アップデート情報 2024年6月 自動ターゲティング機能を正式リリース!

2024.07.02 LINE広告 アップデート完了

2024年6月のLINE広告アップデート情報を紹介します。

目次

1. 自動ターゲティングの機能を正式リリース

β版の機能として提供していた「自動ターゲティング」を正式にリリースしました。
また、この正式リリースで新たに、オーディエンスの除外設定が可能になりました。

自動ターゲティングとは

収集されたイベントを学習し、設定したターゲティング条件内で更にイベント実行が見込めるユーザーを探し、最適なオーディエンスを自動で生成する機能です。ターゲットの「地域」「性別」「年齢」「OS(iOS、Android)」をそれぞれ任意で設定すると、アクションが見込めそうなユーザーに自動的にターゲティングします。

設定方法は以下の通りです。

 

  • トップページの[広告アカウント]タブで、広告アカウント名をクリックし、広告マネージャーの広告グループタブを開きます。
  • キャンペーン配下、広告グループの「ターゲット設定」より「ターゲティングモード」>「自動ターゲティング」を選択します。

自動ターゲティングで利用可能な対象キャンペーン、および目標イベントの一覧は以下の通りです。(※1)

利用可能なキャンペーンおよび最適化一覧

キャンペーン目的入札方法最適化の対象課金タイプ
ウェブサイトへのアクセス自動クリック数CPC
ウェブサイトコンバージョン(※2)自動コンバージョン数CPM
クリック数CPC
アプリのインストール(※3)自動インストール数CPM
インストール数CPC
クリック数CPC
アプリのエンゲージメント自動オープンイベント数CPC
オープンイベント数CPM
購入イベント数CPC
購入イベント数CPM
友だち追加自動友だち追加数友だち追加単価
動画の再生自動3秒再生CPM
100%再生CPM

※1 対象は順次追加及び変更となる可能性がございます。
※2 最適化イベントは、コンバージョン・カスタムコンバージョン・標準イベント(購入)が対象です。
※3 SKAdNetwork自動入札には対応しておりません。

備考
  • 正式リリースで新たにオーディエンス除外に対応しましたが、その他はβ版と同様です。
  • 手動ターゲティングから自動ターゲティングへ切り替えた場合、手動ターゲティングで除外設定したオーディエンスは維持されます。その他、「地域、性別、年齢、OS」のターゲティング内容についても設定は維持されます。
  • オーディエンス除外を設定する場合、配信対象のオーディエンスサイズが小さくなる可能性があるため、自動ターゲティングとオーディエンス除外を同時に設定することは推奨していません。

2. A/Bテスト機能を正式リリース

β版として提供していたA/Bテスト機能を正式リリースしました。

A/Bテスト機能は、広告の配信対象者を分割し、「クリエイティブ」「ターゲティング」「最適化と入札」等のパフォーマンスを均等に比較できる機能です。

 

正式リリース後の機能はβ版と同様です。

キャンペーン作成時にA/Bテストの設定を「ON」にして詳細を設定の上、ご利用ください。

 


 
 

3. カスタムレポート機能(β)が利用可能に

5月に「アップデート予定」としてお知らせしたカスタムレポート機能(β)の提供を開始しました。

 

機能の詳細はこちらの記事でお知らせしています。

備考
  • セグメント名称はリリース時に変更となる可能性があります。
  • セグメントの変更や追加が発生する可能性があります。

4. 配信先設定画面から「LINEレシート」を削除

LINEレシートのサービス終了に伴い、広告グループの配信先設定画面からLINEレシートの表示を削除します。

 

LINEレシートのみを配信先に指定している広告グループの場合、表示削除時に広告グループが強制停止となります。広告グループの配信を再開する場合は、LINEレシート以外の配信先を設定して再開してください。

 

過去にLINEレシートへ配信があった場合は、配信先別(詳細)のパフォーマンスレポートにLINEレシートが引き続き表示されます。

5. 友だち追加が広告フォーマット「動画(小)」に対応

キャンペーンの目的「友だち追加」が、広告フォーマット「動画(小)」に対応しました。これにより、動画(小)に対応するキャンペーンの目的は7つとなりました。
現在のところ、配信面は「トークリスト」のみです。

備考
  • 9:16のアスペクト比の動画には対応しておりません。
  • キャンペーン目的「友だち追加」の広告フォーマット動画(小)は「動画(小)友だち追加用(BETA)」という表示です。
  • 配信面側でアップデートを行う影響で、リリース直後はインプレッションが伸びにくい可能性がありますが、順次改善されます。

以上がLINE広告の2024年6月のアップデートです。

 

LINE広告は随時アップデートを行っています。アップデート情報を日々の広告運用にお役立てください。