メインコンテンツに移動
  • ホーム
  • お知らせ
  • LINEの法人向けサービスにおいて、新たに LINE APIと接続できるアプリを提供する「LINEマーケットプレイス」、 LINEの法人向けサービスを対象とした認定資格「LINE Green Badge」を発表

LINEの法人向けサービスにおいて、新たに LINE APIと接続できるアプリを提供する「LINEマーケットプレイス」、 LINEの法人向けサービスを対象とした認定資格「LINE Green Badge」を発表

2020.03.18 LINE公式アカウント プレスリリース

「LINEマーケットプレイス」は2020年秋頃、「LINE Green Badge」は4月より提供開始

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、当社が提供する各種法人向けサービスにおいて、LINE APIと接続できるアプリを提供する「LINEマーケットプレイス」、およびLINEの法人向けサービスを対象とした認定資格「LINE Green Badge」を新設いたしますので、お知らせいたします。

 

■LINE公式アカウントなどを対象に、LINEと API接続できるアプリケーションを提供するLINEマーケットプレイス

この度、LINEの法人向けサービスにおいて、「LINE公式アカウント」などのサービスを対象にした、LINE APIと接続できるアプリケーションを提供する「LINEマーケットプレイス」を新設、2020年秋以降に提供を開始いたします。「LINEマーケットプレイス」では、各パートナー企業はLINE APIを活用しクライアント課題を解決する自社のソリューションを販売することができ、また企業は、マーケティング、カスタマーサポートでの活用などそれぞれの活用シーンや目的に応じた最適なソリューションを購入・導入することが可能になります。機能の独自開発が不要なため、購入〜利用開始までが非常に短期間で、かつオンライン上で完結できることも大きな特長の一つです。

 

marketplaceimage

 

「LINEマーケットプレイス」では、これまで企業が抱えていた情報不足や導入リードタイムの長さという課題を解決するとともに、「LINE」と連携可能な質の高いアプリケーションを提供することで、ユーザーのLINEアカウントを利用したOne to Oneコミュニケーションをはじめとした、LINEを活用した多種多様なソリューションの、SMB領域を含めたより幅広い企業への普及を促進してまいります。

 

なお、「LINEマーケットプレイス」でのソリューション提供は、「LINE公式アカウント」とAPI連携しているツール等を提供するパートナー企業等によって行われ、提供にあたっては別途当社による審査が実施されます。

 

■LINE公式アカウント・LINE広告に関する知識や運用スキルを認定する「LINE Green Badge」を4月より新設

LINEでは、当社が提供する法人向けサービス「LINE公式アカウント」および「LINE広告」において、その知識や運用スキルを認定する資格制度「LINE Green Badge」を2020年4月以降に新設いたします。「LINE広告」「LINE公式アカウント」を扱うパートナー企業を主な対象とし*、オンラインプログラムによる認定バッジの付与、およびLINEの「認定講師(仮)」としてセミナー開催等が可能となる、個人を対象とした資格の付与などを行います。

* 広告主様も受講いただけます。

 

これによりLINEでは、パートナー企業におけるLINEの法人向けサービスに対する基礎知識の向上・運用水準のさらなる引き上げを目指し、クライアント企業におけるLINE活用のさらなる拡大を実現してまいります。

 

なお、「LINE Green Badge」は、以下の2レベルにおいて認定されます。

 

<Basic(ベーシック)>

LINEの広告サービスの根本的な仕様を理解できている。

 

<Advanced(アドバンス)>

LINEの広告サービスの仕様を理解したうえで、目的に応じた適切な運用を通じて問題解決することができる。

 

LINEでは、今後もパートナー企業との密接な連携と様々なメニューを通じて、企業とユーザーの双方にとって価値のある情報接点を提供し、コミュニケーションインフラとして多様な活用の可能性を広げてまいります。