メインコンテンツに移動
運用テクニック 公開日:2023.09.05 更新日:2023.09.05

LINE広告の成功事例5選 効果的な運用のポイントも解説

LINE広告

ビジネスを成長させるためには、商品・サービスの新規顧客を獲得し、継続的に購入してもらうことが重要です。

 

LINE広告は、9,600万人(2023年12月末時点)のユーザーが利用するLINEアプリに広告が配信できるサービスです。LINE広告独自の「友だち追加」機能を活用すれば、ユーザーと継続的なコミュニケーションが可能になるため、リピーターを育成するマーケティング施策としても活用できます。

 

本記事では、LINE広告を使うメリットや成功事例、運用方法のポイントについて解説します。

 

また、さまざまな業界でのLINE広告の成功事例を1冊にまとめた「LINE広告活用事例集」と、LINE広告で成果を出すために重要なポイントをチェックリストでまとめた「成果を出すLINE広告のはじめ方 やることチェックリスト」をあわせてご覧ください。

 

▼LINE広告の成功事例集の無料ダウンロードはこちら

▼成果を出すLINE広告のはじめ方の無料ダウンロードはこちら

目次

1.LINE広告の特徴・メリット

LINE広告をマーケティングに活用することには多くのメリットがあります。はじめに、LINE広告のメリットや特徴を解説します。

広告配信できるユーザー数の多さが圧倒的

LINEは国内の月間利用者数が9,600万人(2023年12月末時点)と、幅広い性別・年齢層に日常的に利用されています。そのため、X(旧Twitter)やFacebookなどのSNS広告ではリーチできないユーザー層へアプローチできるのが特徴です。

広告配信面が多い

LINE広告には、トークリスト、LINE NEWS、LINE VOOM、ウォレットなど、さまざまな配信面があり、十分な配信ボリュームを確保することができます。また、LINE広告ネットワークを通じて、10,000(2022年8月時点)を超えるさまざまなアプリに広告配信することが可能です。

独自の「友だち追加」でLTV向上

LINE広告は、独自の配信機能「友だち追加」でLINE公式アカウントの友だちを増やすことができます。ターゲティング機能を活用することで、優良顧客になる可能性が高い友だちを効率的に増やせる点が大きなメリットです。

 

LINE公式アカウントの友だちとしてつながることで継続的なコミュニケーションが可能になるため、LTV(顧客生涯価値)の向上が期待できます。

2.LINE広告の成功事例5選

実際にLINE広告を活用してビジネスを成長させた成功事例を紹介します。

①新規顧客を獲得した事例

健康食品などの自社通販を展開するさくらフォレスト株式会社は、3カ月でLINE広告での新規獲得件数を6倍に増加させました。LINE広告を開始した直後はCPAが高騰し一旦は出稿を停止しましたが、動きを表現できるアニメーションクリエイティブの活用、購入者データを基にした類似配信に注力したことで、1日あたり200〜300件の新規獲得を実現しています。

②LINE公式アカウントの友だちを増やした事例

ホームセンターのグッデイは、LINE広告の「友だち追加」を活用し、3年弱でLINE公式アカウントの友だち数が30万人を超えました。店舗のリニューアルにあわせて、近隣に居住するユーザーにターゲティングして広告を配信。友だち追加単価130〜200円ほどで友だち数を増やし、副次的な効果として店舗リニューアルを告知するチラシの役割も果たしているといいます。

③ふるさと納税の寄付を増やした事例

神奈川県鎌倉市は、ふるさと納税の寄付金を増やすためにLINE広告を活用。市への寄付金額が前年比で1.5倍に増えました。複数の返礼品の画像を表示できるカルーセル型のフォーマットを活用した結果、他媒体より約5倍高いCTRを記録しています。

④資料DLを増やした事例

戸建て事業などを展開するオープンハウスグループは、クリエイティブを改善してCPAを82%に抑えつつ、資料ダウンロード数を142%増やしました(いずれも前年比)。高い配信効果を維持するために、クリエイティブはカラーバリエーションの変更、成果の良かったバナー同士の掛け合わせなど、さまざまなパターンを制作しています。

⑤Webサイトへの集客を増やした事例

士業などへコンサルティングサービスを提供するスタイル・エッジは、LINE広告を活用してWebサイトを訪れるユニークユーザー数を240%増やしました。弁護士事務所を利用するユーザーの属性は幅広いため、ターゲティングを広く設定して配信することで、多くのユーザーを集客することに成功しました。

3.LINE広告を効果的に運用するポイント

LINE広告で配信効果を高めるためには、①ユーザーの興味を引くクリエイティブを制作すること、②目的に応じたターゲティング設定が重要です。

 

クリエイティブ制作とターゲティング設定についてポイントを解説します。

クリエイティブは視認性の確保&作り分ける

スマホに広告が表示されるLINE広告において、クリエイティブは視認性の確保が特に重要です。訴求するポイントを絞って、テキストなどの要素を減らしシンプルにしましょう。

 

また、クリエイティブは複数の訴求軸とサイズで作り分けて、効果検証しながら質を高めていくことが運用のポイントです。クリエイティブ内のキャッチコピーを「価格訴求」「悩み訴求」「限定訴求」などで作り分けて、どれがユーザーの反応がいいか検証しましょう。

 

効果が高いクリエイティブの実例を分析し、業種ごとの制作ポイントをまとめた資料を参考に、クリエイティブの勝ちパターンを見つけましょう。

ターゲティング機能を活用する

LINE広告で活用したい3つのターゲティング機能を紹介します。適切なターゲティングでユーザーに効率よくアプローチしましょう。

オーディエンスセグメント配信

ユーザーの属性、趣味・関心、購買意向などでターゲティングし、条件に合致したユーザーに広告を配信します。幅広いユーザーに広告を配信したい場合に活用をおすすめします。

オーディエンス配信

商品購入履歴があるユーザー、Webサイト訪問履歴があるユーザーなど、オンライン上でユーザーが取った行動データなどを基にオーディエンスを作成し、広告を配信します。コンバージョンの可能性が高いユーザーに広告を配信できるため、CPAを抑制したい場合に活用をおすすめします。

類似配信

指定したソースオーディエンス(自社商品をリピート購入しているロイヤル顧客、自社LINE公式アカウントの友だち、など)と類似するユーザーをLINE内から新たに探し、オーディエンスサイズを拡張して広告を配信します。優良顧客になる可能性が高い新規顧客を効率的に獲得したい場合に活用をおすすめします。

4.LINE広告を活用してビジネスを成長させよう

幅広い層のユーザーが日常的に利用するLINEに広告を配信することで、商品・サービスの認知拡大から新規顧客の獲得まで、さまざまな効果が期待できます。LINE広告を活用してビジネスをさらに成長させましょう。

この情報は役に立ちましたか?