メインコンテンツに移動
Webマーケティング入門 公開日:2023.11.24

飲食店で使えるクーポンの種類、配布方法、期待できる効果を解説

LINE公式アカウント

飲食店で売り上げを伸ばすには「クーポン」の活用がおすすめです。新規集客だけでなくリピーター獲得も期待できるクーポンは導入ハードルが低く、比較的実施しやすい施策です。お店の規模に関わらず低予算で始められるため、はじめにクーポンを活用する飲食店も多くあります。本コラムでは飲食店で使えるクーポンの種類やメリット、配布方法や注意点について解説します。

目次

飲食店のクーポンの役割

図版

飲食店においてクーポンの役割は3つあります。

以下では、飲食店にとってのクーポンの役割を紹介します。

新規客の獲得

リピーターの獲得

客単価の増加

新規顧客の獲得

クーポンは新規集客の役割を担います。クーポンで割引やプレゼントなど魅力的な特典を提供できれば、店舗の認知拡大はもちろん、顧客の興味を引いて来店を促せるでしょう。新規顧客はリーズナブルな価格で飲食店のメニューを試せるため、店舗と顧客の双方にとってメリットのあるのがクーポンの特徴です。

 

飲食店を開業したばかりでも、クーポンを配布すればスムーズに新規客の獲得を目指せます。売上の基盤を支える新規客を開拓するためにも、クーポンの活用はおすすめです。

リピーターの獲得

クーポンはリピーター獲得にも役立ちます。割引クーポンなどでお得に食事ができれば、継続して利用したいと思ってもらえるので、リピーターの増加に期待できます。さらに定期的にクーポンを配布すれば、既存客に対して再来店を促せるでしょう。

 

また、クーポンを届けることでチラシやメルマガなどと同様に、しばらく来店していない顧客にお店を想起してもらうきっかけになります。休眠顧客の掘り起こしにもつながるため、売上アップが期待できます。

客単価の増加

クーポンを利用すると、顧客はより多くの商品を注文したり、普段はあまり手を出さないような単価のメニューを選ぶため、お店の売上アップにも貢献できます。その分、お店の経営に良い影響を与えるでしょう。

 

客単価を効率良く伸ばすために、クーポンの活用を検討してみてください。

飲食店のクーポンの種類

飲食店が展開するクーポンには、以下のような種類があります。

  • 友だち紹介で使えるクーポン

会員限定で使えるクーポン

  • 誕生日で使えるクーポン

レビュー限定クーポン

クーポンごとに特徴が異なるため、利用方法や期限などを事前に把握しておくことがポイントです。

友だち紹介で使えるクーポン

「友だち紹介で使えるクーポン」とは、紹介した人とされた人が一緒に来店した際に使用できるクーポンです。複数人での来店が期待できるため、お店は顧客数の増加が見込めます。1人ではなかなか行くきっかけがないお店も、友だちとなら行きやすくなるケースも多くあるため、来店を促進するクーポンとして有効です。

 

また、紹介された方のみ利用できるクーポンもあり、こちらは純粋に新規来店増加を目的として利用されます。

会員限定で使えるクーポン

自社アプリなどに登録している会員を対象に配布するクーポンです。一般的には通常価格よりも安く飲食ができるクーポンなど、お得感を訴求することで使用率や顧客満足度を高めます。そのほか「特定のメニューを注文すると無料でお気に入りドリンクが付いてくる」など、会員ならではの特典を提供する方法もあります。

 

アプリを通して、会員限定クーポンを発行しつつ定期的にコミュニケーションを取れる点も魅力の一つです。

誕生日で使えるクーポン

顧客の誕生日や誕生月に利用できるクーポンです。飲食料金の割引のほか、特別なサービスやプレゼントが受け取れるため、使用率はほかのクーポンよりも高くなる傾向にあります。また、1年に1度の誕生日には普段よりも注文する料理が豪華なものになりやすいため、売上アップも見込めるでしょう。

 

誕生日クーポンをきっかけに来店してもらい顧客満足を高められれば、その後の来店にもつながる可能性があります。

レビュー限定クーポン

マップサービスやポータルサイトで口コミを書いてもらうことを条件に、割引クーポンを発行する方法もあります。飲食店にとってオンライン上の口コミは、ほかの顧客のアピールにつながる重要な宣伝手法の一つです。例えば良い口コミが多ければ、地図アプリ内で店舗の露出が増える可能性に期待できます。

 

レビュー限定クーポンについて積極的に案内するなどして、口コミ数のアップを地道に目指しましょう。

飲食店のクーポンの配布方法

飲食店でクーポン施策を推進するには、まずはユーザーにクーポンを届ける必要があります。以下では、飲食店でクーポンを配布する基本的な方法について解説します。

紙クーポンで配布

紙で作成したクーポン配布は、昔から多くの飲食店で取り入れられています。チラシと一緒に投函したり、スタッフが店の外や街中で直接配布したり、来店した顧客が自由に受け取れる形で提供したりなど、さまざまな配布方法があります。

 

地方で店舗営業をしている場合には、地域のフリーペーパーとセットで配布する方法も検討されます。紙のクーポンはユーザーの手元に残るためその存在を思い出しやすく、「使うのを忘れてしまった」となるケースを防げるメリットがあります。

デジタルクーポンで配布

顧客がオンライン上でクーポンを簡単に取得できるため、SNSの投稿などでクーポンコードやQRコードを公開し、利用者に提供する方法も近年主流になりつつあります。仮にクーポンを利用してもらえなくても、店舗や提供メニューの宣伝効果が見込まれます。

 

チェーン店の場合、ポータルサイトや自社アプリなどでクーポンを配信するケースもあります。LINE公式アカウントの「クーポン」機能では、友だち追加してくれたユーザーにLINE上でクーポンを配信できます。来店時にクーポン画面を提示するだけで、割引やプレゼントなどの特典をユーザーに提供できる点が特徴です。

飲食店のクーポンの効果を最大化する要素

図版

飲食店で配布するクーポンの効果を最大限に引き出すには、さまざまな工夫が必要です。以下では、飲食店のクーポン効果をより高めるポイントやコツを紹介します。

クーポンの種類を増やす

クーポンの種類を増やすことで、多くの顧客に対して「また店を利用したい」と来店意欲を高めてもらいましょう。会計時に飲食料金を割引するクーポン、人気メニューを無料プレゼントするクーポンなど、異なる種類のクーポンを用意して、顧客の好みやニーズに合わせるのがポイントです。

 

また、クーポンの種類が多いと顧客の選択肢を広げられるため、競合他社との差別化につながります。

利用条件のハードルを低めにする

クーポンの利用条件は、あまり厳しく設定しないのがポイントです。お得な内容のクーポンでも、利用条件が厳しいと顧客は利用を躊躇する可能性があります。クーポンの適用金額を下げる、利用期限を短くしすぎないなど、条件を緩和して多くの顧客が利用できるように工夫しましょう。

 

さまざまなメニュー・商品を楽しんでもらえる機会が増えれば、自店舗ならではの魅力が顧客に伝わりやすくなります。リピーターになってくれる可能性も自然と高まり、次回来店にも期待できるでしょう。

有効期限を設ける

一定の有効期限を設けることで、顧客にクーポン利用を促せるようになります。有効期限がないと、「いつ使っても大丈夫」と安心してしまい、使われない可能性もあります。顧客がクーポンを利用するタイミングを見失わないように、有効期限を設定すると良いでしょう。

 

有効期限内にクーポンを多く利用してもらえれば効果測定しやすくなるため、次回配布するクーポンの内容や時期の改善などに役立つでしょう。

スタッフからの直接の声がけ

店内でクーポン利用の声かけを実施するのも、効果を引き出すためのコツです。「クーポンをお持ちではないですか?」と声をかければ、顧客はお得なチャンスを逃さずに済みます。クーポンの存在を知らない顧客に対しては、その場でサービスの紹介が可能です。

 

クーポンの存在を認知してもらうためにも、トークスクリプトなどを用意してスタッフから積極的に声をかけてみましょう。なお、店舗でのアピールにおいては声がけが有効ですが、Web上では予約時に利用できるクーポン有無について確認するなど、別の施策が必要になります。

飲食店のクーポンの発行時の注意点

飲食店が独自のクーポンを発行する際は、以下の点を参考にするとスムーズな制度運用につながります。

利益率を確保する

クーポンの割引率は慎重に設定し、利益率を確保しなければなりません。お得にサービスを提供して新規顧客やリピーターを獲得しても、利益率が低いままクーポンの運用を続ければ、経営を圧迫する可能性もあります。顧客への還元と店舗の利益のバランスを考え、適切な利益率を確保するのがクーポンを利用する際の基本です。

ブランドイメージを損なわないようにする

クーポンの内容は、飲食店のブランドイメージに合わせて決定しましょう。例えば高級料理を売りにしているのに、割引率の高いクーポンばかりを配布していると、高級感が薄れてブランドイメージが損なわれる可能性があります。例えば、「ウェルカムドリンク無料券」など店舗の雰囲気に合わせたクーポンを発行しましょう。

 

自社のブランドイメージをあらためて確認するとともに、顧客への還元と店舗の利益のバランスを考慮して内容や発行枚数を設定するのがポイントです。

クーポンに関する店内オペレーション整備

クーポンに関する規定や利用時の対応は、店舗内で明確にしておく必要があります。それらがスタッフ間で共有されていないと、適切な割引やサービスをスムーズに提供できず混乱を招いてしまいます。そうなると顧客に迷惑をかけるだけでなく、店舗に対するネガティブな印象を生む恐れがあるため注意しましょう。

LINE公式アカウントで飲食店の売上増加を目指そう

飲食店でクーポンを導入するのなら、「LINE公式アカウント」の利用がおすすめです。なかでも、LINE公式アカウントの「クーポン」機能を使うことで、友だち追加してくれたユーザーに向けて、簡単かつスピーディークーポンを配布できます。LINE公式アカウントのメッセージは、ユーザーの行動を喚起できる可能性が高い点も特徴です。

 

実際に店舗のLINE公式アカウントと友だちになったユーザーの過半数は、「クーポン目当てで、サービスや店舗を利用した」と回答しています。クーポンをきっかけに新規顧客やリピーターの獲得が実現できます。

 

クーポンの配信方法も多彩で、「あいさつメッセージ」「リッチメッセージ」「リッチメニュー」など、さまざまな機能を活用できます。細かなデータ分析にも対応しているため、クーポンの効果を測定して改善を進められます。クーポンを効果的に利用するためにも、LINE公式アカウントのクーポン機能をチェックしてください。

まとめ

飲食店にとってクーポンを活用した施策には、多くのメリットがあります。新規顧客やリピーターの獲得、客単価の増加など多くの効果に期待できるため、積極的なクーポンの活用が推奨されます。しかし、ただクーポンを配布するだけでは、期待していた効果が得られなかったり、利益率を低下させる可能性もあるでしょう。

 

クーポンを効果的にするには、その配布方法や提供時の注意点をよく確認し、適切な方法で顧客にお得な体験を届けられるようにしましょう。飲食店がクーポンを配布する際には、LINE公式アカウントを使った方法がおすすめです。LINE公式アカウントなら友だち追加してくれたユーザーに、LINE上でクーポンを提供できます。簡単かつスピーディーにお得なクーポンを届けられるため、ほかのクーポンよりも利用してもらいやすいのが最大の特徴です。これを機会に、LINE公式アカウントのクーポン機能をぜひ活用してみてください。

 

 

関連タグ:
#スタートガイド

この情報は役に立ちましたか?