メインコンテンツに移動
Webマーケティング入門 公開日:2024.03.29

ジムを経営したい!利益が出る仕組み、開業の費用や手順、成功事例を解説

LINE公式アカウント

スポーツが得意、またはトレーナー経験を持つ方は、「いつかは自分のジムを経営してみたい」と考えたことがあるかもしれません。昨今では「パーソナルジム」が話題となり、成功すれば大きな利益を得られるチャンスもあります。本記事では、ジムの経営を検討している方に向けて、ジム経営を始める際に必要な費用や手順について解説します。また、LINEを活用した成功事例も解説しますので、参考にしてください。

目次

ジム経営の近年のトレンドについて

ジム経営の売上は、立地、規模、ビジネスモデルなどに大きく左右されます。一般的に、小規模なジムでは店舗売上が1,000万円程度、大規模な施設や都市部のジムでは店舗売上が1億円を超えることもあります。

 

一方で個人経営のジムの場合、地域のコミュニティーに密着したサービスを提供して、口コミやリピーターが増えれば安定した収入が見込めるでしょう。ジムの成功は顧客ニーズの理解と提供サービスの質で決まります。

ジム経営がトレンドの理由・売上が上がりやすい仕組み

ジム経営がトレンドとなっている理由や売上が上がりやすい仕組みには、次の3つが挙げられます。

図版

1.需要が高まっている市場

健康意識の高まりとフィットネス文化の普及、そのほか、ストレス解消、ダイエット、健康維持を目的にジムを利用する人が増え、ジム需要が高まっています。

 

経済産業省「特定サービス産業動態統計調査」長期データによると、コロナ禍の影響により市場全体の売り上げが一時的に減少しました。その後、パーソナルトレーニングや24時間営業のセルフジムなどのビジネスモデルを中心に店舗が増え続けていますが、市場規模は約4,500億円、人口に対する参加率はわずか4%と、まだまだポテンシャルがあります。今後さらなる成長が期待できることから、ジム経営は非常に有望なビジネスモデルとされています。

2.ニーズに合わせたビジネスモデル

ジム経営には複数のビジネスモデルが存在し、ターゲット層を明確化し、ニーズに合わせたサービスを提供することが売り上げアップにつながります。例えば、24時間営業のセルフジムはビジネスパーソンや夜間活動する方のライフスタイルに合わせて、柔軟な運動時間が提供できるビジネスモデルです。他にも、1人ひとりに合わせたトレーニング方法を学べるパーソナルジムや女性専用のジムなども存在しており、コンセプトで差別化を図っている店舗も多く存在します。

 

顧客のニーズを捉え、それに応じたサービス内容を検討することが、ジム経営を成功させるポイントになるでしょう。

3.月会費制の安定した収入&利益率の高さ

ジム経営は安定した収入が見込めるため、軌道に乗れば高い利益も期待できます。月会費制に加え、追加サービスによる利益率の向上は、ジム経営における大きな利点です。ジムの主な収入源は会員からの入会金や月額会費などです。

 

また、店舗の初期費用はかかりますが、居抜き物件を使うなど工夫すれば費用を抑えられるでしょう。基本的な月会費に加え、グッズやトレーニングアイテムなどを企画・販売すれば、売り上げの最大化が目指せます。

ジム経営を成功させるポイント・注意点

ジムの経営を成功させるために、どのように準備をすればいいかポイントと注意点をおさえましょう。

1.質の良いトレーナーと経営スキル

ジム経営の成功には、「質の良いトレーナー」と「経営スキル」が必要不可欠です。

 

顧客のニーズに対して適切なメニューを提供できる質の良いトレーナーがいれば、口コミやリピーターが生まれやすくなります。自身がトレーニング分野に精通していない場合は、経験豊富なスタッフを採用するのも手です。また、ジムの経営について事業計画を作成したり、売上や利益などの数値を読み解いたり予測する経営スキルも必要です。

2.ジムでの就業経験を積む

トレーニングに関する知見を増やすには、実際にジムへ就職して経験を積むのも良いでしょう。なぜならスポーツ経験があっても、経営スキルがないまま独立すると失敗する可能性が高いからです。就業経験を通じて、顧客のニーズやジム経営における課題を直接学べます。また、タイプの異なるジムで働き、それぞれのビジネスモデルの良し悪しを理解できると、ジム経営に一層活かせるでしょう。

3.専門性をアピールできる資格を取得

ジム開業に資格の取得は必要ありませんが、第三者機関から自身のスキルを認定されていると、顧客へのアピール材料になります。例えば、「フィットネスクラブ・マネジメント技能検定(FCM技能検定)」は、フィットネスクラブの経営に特化した国家資格で、ジムの経営を見据えている方が取得を検討する資格の1つなので、興味がある方は調べてください。

4.通いやすい立地を選択

ジムを経営するにあたって、ビジネスモデルに合った立地の選択は非常に重要です。交通の便が良い立地を選択することで、より多くの顧客に利用してもらえる可能性が高まります。住宅地の近くやオフィス街は多くの人が行き交う分、見込み客が多くなるでしょう。逆に交通アクセスが良くない立地の場合、駐車場の有無や周辺の安全性も考慮する必要があります。

5.ニーズに合った事業計画や資金計画を立てる

ジム経営を成功させるためには、顧客のニーズに基づき、サービス内容や料金などを設定する必要があります。例えば、パーソナルジムを運営するのであれば人件費はかかりませんが、スタッフを雇うと店舗売上の10〜30%ほどが人件費としてかかります。人件費のほかにも、ビジネスモデルに合わせて揃えるべきトレーニング機器にかかる費用も変わってくるので、細かな検討を重ねましょう。

6.集客戦略を立てる

ジム経営の成功には、「質の良いトレーナー」と「経営スキル」が必要不可欠です。

 

顧客のニーズに対して適切なメニューを提供できる質の良いトレーナーがいれば、口コミやリピーターが生まれやすくなります。自身がトレーニング分野に精通していない場合は、経験豊富なスタッフを採用するのも手です。また、ジムの経営について事業計画を作成したり、売上や利益などの数値を読み解いたり予測する経営スキルも必要です。

7.設備管理の徹底

ジム経営は、実際に来店した顧客がどのような印象を抱くかも大切です。ビジネスモデルに合わせて、質の良いトレーニング機器や、快適に利用できるロッカーやシャワー室などの設備に投資を行いましょう。また、それらの定期的なメンテナンスや衛生管理も実施し、「トレーニングも設備も両方とも素晴らしい」と顧客満足度を高められるようにしてください。

ジム経営を始めるための準備・手順

ジムの開業に資格は不要です。ただし、届出先の機関が細かく分かれているため、事前に把握しましょう。

個人で起業・開業する場合

個人事業主としてジムを開業する際は税務署に「開業届」を、都道府県税事務所に「個人事業開業申告書」を出す必要があります。また、ジムの安全性と衛生面を確保するため、保有する設備によって保健所、消防署、市区町村役場などへの届出が必要です。一例を挙げると、ジムで食品を扱う場合は保健所に「営業許可申請」を、シャワー室を設置する場合は保健所に「公衆浴場法営業許可申請」を提出します。

 

適切な手続きを踏むことで法的な問題を避け、顧客に安心してもらえるサービスを提供しましょう。

フランチャイズに加盟する場合

フランチャイズ(加盟店)とは、本部のブランド名やノウハウを使ってビジネスを展開する方法です。フランチャイズに加盟する主な手順は、以下の通りです。

 

  • ①フランチャイズ本部を探す
  • ②説明会に参加
  • ③意思決定
  • ④物件選択
  • ⑤事業計画書の作成
  • ⑥契約締結

 

フランチャイズへ加盟するには本部との契約が必要で、契約内容には加盟金・ロイヤリティの支払い、ブランドの使用許可などが含まれます。

 

フランチャイズのメリットは、すでに確立されたブランド名を利用でき、運営ノウハウやトレーニングプログラムを提供してもらえる点が挙げられます。一方、デメリットとしては加盟金やロイヤリティを支払うため費用が高額になったり、経営を自由に行えない点が挙げられます。メリット、デメリットを考慮した上で、どのようにジム経営を行うか決めましょう。

図版

ジム経営を始めるために必要な費用

ジムを開業するには「初期費用」と「運営費用」の2種類があります。事業計画をより具体的に立てられるように、ここでは初期費用と運営費用の目安を紹介します。

初期費用:300〜3,000万円程度

ジムを開業するための初期費用は、立地・規模・装備のレベルによって大きく異なりますが、規模が小さい場合は300〜500万円、規模が大きい場合は2,000〜3,000万円程度が必要になってきます。

 

この費用には、物件取得費(必要に応じて、リフォーム費用も)、トレーニング機器の購入費用、初期の運転資金などが含まれます。事業計画を立てる際には、現実的な初期費用の見積もりを行い、資金調達計画をしっかりと立てる必要があります。

運営費用:70〜100万円/月程度

ジムの運営には、以下の運営費用が毎月発生します。

運営費用は、ジムの規模や立地によっても変動しますが、一般的には月額70〜100万円程度が目安となります。収益計画を立てる際には、これらの運営費用を考慮し、安定した収益を上げるための戦略を検討する必要があります。

項目 金額の目安
店舗の家賃 月に8〜15万円
人件費 1人あたり月に20〜30万円
水道光熱費 月に10万円
広告費 月に〜50万円
  • いずれの費用もビジネスモデルによっては変動します。

ジム経営を始めるための資金調達方法

ジム経営を始めるための資金調達方法は、大きく分けて3つあります。ご自身の状態に合った調達方法で資金を用意して、開業の準備を行いましょう。

貯金などの自己資金

ジム開業のための資金調達方法として、最も一般的なのは自己資金の活用です。自己資金を使うことで、外部からの借入れによる利息負担などのデメリットを避けることができます。また、自己資金を用いることは初期段階での財務負担を軽減するのに効果的です。ただし、数百万円に上る開業資金を貯めるには一定の期間が必要となります。

金融機関などからの融資

自己資金だけでは足りない場合は、金融機関から融資を受けるのも一つの方法です。融資を受ける際には、事業計画書や収益予測を提出し、返済計画を明確にする必要があります。金融機関には審査があり、元本と利息の返済能力が低いと判断されると借り入れができないケースもあることも、あらかじめ理解しておきましょう。

フランチャイズの開業サポート

先述したフランチャイズに加盟する場合、開業サポートとして、資金調達のアドバイスや金融機関の紹介を受けられます。フランチャイズ本部は加盟店の成功を望んでいるため、加盟金やロイヤリティーはかかりますが、開業資金の調達から、事業計画の策定や運営のノウハウまで、さまざまな支援を受けられるでしょう。

LINE公式アカウントでジム経営を効率化

LINE公式アカウントは、ジム経営を効率化するためにさまざまな用途で活用できます。開設自体は無料で行え、月額の固定費も無料プランから利用できますので、ぜひ利用を検討してみてください。

LINE公式アカウントを導入し、友だちを集める

LINE公式アカウントを開設したら、まずはジムに入会済の会員に告知しましょう。友だち追加するためのPOPを制作したりジムのSNSにQRコードを掲載すれば、少しずつ友だちが増えていくはずです。

 

その際、友だち追加するメリットを提示するため、例えば「トレーナーのショートカウンセリング1回無料」「オリジナルグッズのプレゼント」などのクーポンをセットにすれば、訴求力がアップします。

定期的な情報配信を行う

LINE公式アカウントは、友だち追加してくれたジム会員とのコミュニケーション手段となります。それにより、店舗情報の発信や予約の受付などがスムーズに行えるようになり、ジム経営の効率化につながるでしょう。例えば、新しいレッスンメニューやキャンペーン情報をメッセージ配信で届けたり、ジム会員からの問い合わせにLINEチャットで個別対応が可能です。

 

また、そうしたコミュニケーションは会員のモチベーション維持に役立ち、長期的な顧客関係の構築にもつながるでしょう。

施策の振り返りを行う

LINE公式アカウントでは、配信したメッセージの開封率やクリック率、配布したクーポンの獲得数や使用数を分析し、振り返りを行うことができます。

 

運用初期の段階では大きな数字のインパクトはなかなか生まれづらいかもしれませんが、1つひとつの施策を振り返ることで、次の施策で生かせる改善点が見つけられるはずです。改善を繰り返すことで、ジム経営における集客・販促効果の最大化につながっていくでしょう。

LINE公式アカウントを利用したジム経営の成功例

LINE公式アカウントを活用したジム経営の成功事例を3つ紹介します。

成功事例①:株式会社アクアティック

株式会社アクアティックは、LINE公式アカウントを活用して会員とのコミュニケーションを強化しました。具体的には、水泳教室のスケジュール変更やイベントの案内を周知し、顧客満足度の向上を実現しています。

サマリー
企業の概要 兵庫県相生市で水泳や体操など各種教室を開く市民温水プール
導入した背景 新規利用顧客の獲得やリピート促進を目指して、教室の開講情報の発信はもちろん、感染症対策に活用するため
取り組みや効果 来館記録における接触をなるべく減らす観点で、LINEチャットを併用。来館したときに相生市温水プールのLINE公式アカウントのトークルームでフルネームを送信し、来館記録を管理。LINE公式アカウントのメッセージ配信で、レッスンをさらに盛り上げることも検討

成功事例②:STUDIO TRIVE

STUDIO TRIVEは、LINE公式アカウントを用いてパーソナルトレーニングの予約受付やキャンセルの管理を行い、運営の効率化を実現しました。同ジムの会員は自身のスケジュールに合わせて柔軟にトレーニングの予約変更が可能になり、利便性が高まりました。

サマリー
企業の概要 大阪府大阪市、オフィス街の近くのジム兼スタジオ
導入した背景 緊急のお知らせ、イベント情報、満員レッスンのキャンセル情報をジム会員に向けて発信するため
取り組みや効果 オンラインサービスの案内やライブストリーミングの予定表などをカードタイプメッセージを活用して配信したところ、メッセージを開封した顧客の50%以上がクリック。自宅レッスンに必要なアイテム貸し出しを告知すると、すぐ在庫がなくなるほどの反応があった

成功事例③:東急スポーツシステム株式会社

東急スポーツシステム株式会社は、新店舗のオープンに際して友だちを集める広告でLINE公式アカウントの友だち数(潜在顧客)を増やして、その後、LINE公式アカウントの各種機能を使って入会を促すことで、新店舗の運営を軌道に乗せました。

サマリー
企業の概要 東京・神奈川の東急線沿線を中心に展開するスポーツ施設
導入した背景 新規オープン店舗の認知度アップと新規会員の獲得
取り組みや効果 施策を実施した店舗では、オープン前にもかかわらず2カ月で800人の友だちを集めた。その上で、リッチメニューで入会キャンペーンを告知するなどして、見込み客1人あたりの獲得コストが他の広告媒体では数千円単位だったのに対して、LINEでは数百円単位で獲得

ジム経営で売上アップを目指そう!

ジム経営における成功は、トレーニング知識や経営スキル、専門性をアピールできる資格の取得などが重要です。また、適切な立地選定や充実した設備、効果的なマーケティング戦略の実行など、さまざまなことを考慮して出店計画を練りましょう。その際、LINE公式アカウントを利用すれば、ジム会員とのコミュニケーションを活性化させられます。ぜひ、LINE公式アカウントの開設を検討ください。

関連タグ:
#スタートガイド

この情報は役に立ちましたか?