メインコンテンツに移動
Webマーケティング入門 公開日:2024.02.26

飲食店が人手不足になる理由は?解消方法のヒントを紹介

LINE公式アカウント

飲食店は研修期間が短いなどの理由で人手不足に陥りやすく、その傾向は他業界よりも顕著です。人材の確保が難しいために、既存の従業員に負担を強いることになり、結果的にまた人が減ることもあります。そんな悪循環を脱するためには、実際に効果があった人手不足を解消する方法を知り、自社の制度や環境などを改善していくことが重要です。本コラムでは、飲食店が人手不足に陥る理由や、解消方法を解説します。人手不足が経営課題となっている場合、この機会に問題の本質と解決方法を検討しましょう。

飲食業界の人手不足の現状

イメージ画像

帝国データバンクが発表した「人手不足に対する企業の動向調査(2022年 1月)」によると、企業全体の47.8%で正社員が不足するという結果になっています。業種別に見てみると、飲食店は65.1%と情報サービスの65.7%に次いで2番目に多いです。

 

一方で、非正規社員の人手不足に関しては、飲食店が1位で76.6%となっています。全業種で唯一7割台の結果ととなり、厳しい状況が続いていることがわかります。飲食店の経営者は、正社員・非正規社員の両方が不足しているこの状況を理解し、対策を講じることが求められています。

また、コロナ禍の自粛や休業要請を受けたスタッフ離れからまだ手を打てていないこと、「フード宅配サービス」の増加や「ゴーストレストラン」の数が増加したことは、常設店舗のある飲食業を圧迫する要因の一つになるでしょう。

飲食業界で人材不足になる理由とは

飲食業界が人手不足に悩まされている現状には、さまざまな理由が関係しています。飲食店の経営者は具体的な理由を確認し、対策につなげていくことが重要です。以下では、飲食業界で人手不足が起きる主な理由を解説します。

研修期間が短い

ほかの業種と比較すると飲食業界の研修期間は短い傾向があり、初日だけ研修をしてすぐさま業務にあたるケースも多くあります。また、「見て覚える」という要素が強く、業務でも個人の経験や感覚が頼りになることもあるため、どうしても研修だけですべてを伝えきれない点もあります

 

研修を十分に受けられなかったことでミスが増えると、従業員のモチベーションが下がり、離職につながって人手不足を加速させることもあります。

仕事量が多い

仕事量の多いのも、飲食店が人手不足に陥る理由になります。人が少ない店舗の場合、休憩時間中の従業員も、忙しいと現場に戻されるケースもあります。また、オープンやクローズなど、営業時間外にもやるべき作業も多くあります。

 

特に仕込みが多い店の場合、経営者も含めて十分な休みが取れない可能性もあるでしょう。仕事量の多さから離職する従業員が増えるパターンも珍しくありません。また、労働集客型のビジネスのため売上高に占める人件費の割合がどうしても高くなり、従業員1人ひとりの給与水準がどうしても低くなるのも原因の一つです。

キャリアパスが見えづらい

飲食店での業務経験が、どのような形でキャリアパスにつながるのか見えづらい点も、人が集まらない理由の1つです。飲食業で身についたスキルが、具体的にどのような形で活かせるのかわからないと、働き続けることに不安を覚えるケースもあります。

 

小規模の店舗だと昇給などに関する明確な基準がないため、よりモチベーションの維持が難しくなります。働きがいを見いだせず、結果的に退職を決意する従業員が増えやすいです。

人間関係による離職

少人数で切り盛りする飲食店の場合、新人もベテランと変わらない働きを求められることもあります。未経験の従業員に求められるレベルが高いため、人によっては仕事そのものをつらく感じることもあるでしょう。仕事が上手くいかないと、職場での人間関係にも悪影響が生じます。

 

人との関係がこじれたことがストレスになり、離職につながるケースもあり得ます。

採用コストを捻出しづらい

売上が少ない飲食店の場合、現在働くスタッフにかかる人件費に圧迫されるため、新規採用に予算を割けないケースも珍しくありません。小規模な飲食店の場合、新たに人材を採用せずにオーナーみずからが店に立ち、ギリギリの状態で運営していることもあります。

 

十分な売上がないまま新規採用を行うと、最悪の場合オーナーの収入が減少するため、人手不足を解消するには、まずは集客に力を入れ、店舗の売上を上げることが先決です。売上を確保して採用コストに回す余裕が生まれれば、人手不足解消につなげられます。

売り手市場の業界

厚生労働省の「一般職業紹介状況(令和4年 9月分)」のデータでは、令和4年9月の有効求人倍率は1.34倍です。新規求人倍率は2.27倍となり、宿泊業・飲食サービス業に関しては29.5%増という結果になっています。しかし前述の理由から、求人を出しても人が集まらない飲食店も多い状況です。

 

飲食店は就職後の定着率も低い傾向にあるため、まずは働きやすい環境を整えることも重要です。

図版

飲食店の人材不足を解消する方法とは

飲食店が人手不足になる理由を知って、適切な施策を実施しましょう。以下では、飲食店が人手不足を解消する具体的な方法を解説します。

採用方法の見直し

飲食店の人手不足を解消するには、まず採用方法の見直しを検討してみましょう。単純に入社する人を増やせれば、それだけ人材を安定して確保できます。採用数を増加させるには、以下の方法が役立ちます。

SNSを活用する

集客だけでなく、採用においてもSNSの利用は重要な手段となります。SNSは店舗の魅力を発信する方法として、多くの飲食店が活用しています。SNSでの活動によって店舗のファンが増えると、「ここで働いてみたい」という求職者の増加にも期待できます。

リファラル採用を行う

リファラル採用とは、既存の従業員に新しい人材を紹介してもらう採用手法です。正社員の従業員やアルバイトにリファラル採用を説明し、知り合いを紹介してもらう方法で人材を確保するのも1つの手段です。リファラル採用はコストを削減できるうえ、事前に労働条件や職場の様子を丁寧に伝えられるメリットがあります。

 

リファラル採用を実施する際には、従業員が前向きに採用を進めてくれるように、会食費用や関連する費用の補助をするケースもあります。「紹介によって採用が決まれば◯◯円を給付」など、インセンティブ制度を用意している店舗も多いです。

労働条件や環境を見直す

 

せっかく採用した人材がすぐに離職してしまうと、人手不足はいつまで経っても解決しません。そこで給与や業務量など、労働環境を見直すのも1つの方法です。飲食店の場合、一般的な福利厚生だけでなく、仕事のあとにまかないを出すなどの形で従業員をサポートできます。

 

そのほか、有給の取得状況、評価制度の明確化などを通して、働く人のモチベーションが向上する職場環境をつくることが、人手不足の解消を実現します。

人材募集サービスを活用する

副業やダブルワークが身近になる昨今、人材募集やマッチングサービスを活用してスポットでシフトに入ってくれる人材を探すケースも増えています。うまく活用すれば即戦力になる人材を集めることもできますが、長期的に見た際は先述した労働条件や環境の見直しを行なった上で、スポットではなくできるだけ長く働いてくれる人材を見つけられると良いでしょう。

 

定着率の増加

採用した人材の定着率の向上も、人手不足を解消するカギです。離職率を減らしてスタッフに長く働いてもらうことで、慢性的な人手不足から脱却できるでしょう。定着率の向上を目指す際には、以下の方法が有効となります。

業務を効率化する

キャッシュレスやPOSレジなど、業務効率化につながるITツールを導入することは、定着率を高める1つの手段です。ITツールによって業務が効率化されれば、従業員の負担が軽減され、休憩時間の確実な確保や残業時間の減少など、多くのメリットを生み出します。

 

また、LINE公式アカウントでは、新規客や常連客を獲得するためのさまざまな機能を提供しています。店舗に合った最適な集客・リピート施策がLINE上で簡単に設定できるため、集客のデジタル化を気軽に始めるには「LINE公式アカウント」の導入がおすすめです。

助成金・補助金を活用した環境改善

厚生労働省は、「非正社員のキャリアアップ助成金」や「人材確保等支援助成金」などを提供して、人手不足に悩む事業者の援助をしています。自社で利用可能な補助金・助成金を確認し、所定の手続きを行ない導入すれば、福利厚生などの観点から職場環境の改善に役立てることも可能です。

 

従業員の待遇を改善したいけれど、それを実現する費用が足りない場合には、助成金・補助金の活用がポイントです。

業務の属人化を解消 

入社後、即戦力として活躍できるように、業務をわかりやすくマニュアルにまとめたり、オンボーディング施策を充実したりすることも人手不足の解消に役立ちます。

 

飲食店の人手不足の背景には、OJTが短期間であることや“見て盗む”文化も影響していると解説しました。そこで、誰が見てもわかり、その通りに進めれば業務をこなせるマニュアルがあれば、未経験者でもすぐに即戦力になります。一人ひとりがやりがいを感じながら働くことができるでしょう。

 

また、何でも気軽に発言しやすい環境を整えるなどオンボーディング施策を充実させることも効果的な施策です。新人でも職場環境へすぐに慣れ、帰属意識を高めることができるでしょう。その結果、人材の離職率の低下が期待できます。

飲食店で導入される業務効率化ツールの例

イメージ画像

飲食店の人手不足解消を目指す際には、さまざまな業務効率化ツールの導入が検討されます。以下では、実際に飲食店で役立つ​​業務効率化ツールを紹介します。

在庫管理ツール

食材の在庫管理は、無駄なコストを削減して利益を上げるために役立ちます。在庫管理ツールを導入することで、食材の過剰発注や材料不足によるメニューの取り下げを防げます。また、食材の賞味期限や傷みの状況を適切に管理できるため、食中毒のリスクを下げる要因にもなります。

 

昔ながらの紙媒体での管理も可能ですが、都度計算するよりも専用ツールを利用した方が、業務削減につながるでしょう。

セルフオーダーシステム

昨今はお客様が自身で注文できるセルフオーダーシステムを導入し、接客時間を減らす取り組みも実施されています。接客時間が減ることで、料理の提供やその他のコミュニケーションに時間を使えるため、顧客満足度のアップを図れます。また、ホールを少人数で回せるため、適正な人材配置を目指せます。

 

そのほか、口頭での注文ミスによるクレームの削減につながるのもメリットもあります。詳しくは以下のコラムで確認してください。

キャッシュレス決済端末

キャッシュレス決済端末の導入は、営業終了後にその日の売り上げやお釣りを確認したりといったアナログな業務の削減につながります。会計時間も短くなるため、忙しい時間帯でも店内のオペレーションが乱れづらいのも導入のメリットです。

 

電子マネーやクレジットカードなど、多様な決済手段を準備しておくと、顧客満足度の向上を実現するきっかけにもなります。

LINE公式アカウントで飲食店の人手不足にアプローチ

飲食店の人手不足の解消を目指して業務効率化ツールを導入するなら、「LINE公式アカウント」もおすすめです。

 

LINE公式アカウント」は、国内最大級の利用ユーザーを要するコミュニケーションアプリ「LINE」が提供する法人向けサービスです。LINE上でお得なクーポンの作成・配布や、友だち追加したユーザーに直接メッセージを届けられるため、新規客や常連客の獲得が見込めます。

 

実際に飲食店でも広く利用されていて、例えば「やきにく倶楽部」は、「LINE公式アカウント」の機能の1つである「LINEで予約」と、「AIスタッフさゆり」を併用して、予約受付の効率化を進めました。結果的に月500件以上の電話対応が1/2にまで減少し、従業員の負担軽減を実現しています。そのほか、リッチメニューに求人情報をまとめたWebページへの遷移ボタンを設ければ、情報収集のためにLINE公式アカウントを友だち追加した利用者が、求人に応募する可能性もあります。

 

このように「LINE公式アカウント」を活用することで従業員の負荷を減らし、採用確率と定着率の向上を目指すことも可能です。

まとめ

飲食店にとって人手不足は常に起こりうる問題であり、解決策を継続的に模索していくべきものとなるでしょう。どれだけ美味しい料理や快適な空間を準備できても、働くスタッフがいなければ健全な店舗経営は実現できません。

 

人手不足を解消する方法の1つに、業務効率化につながるツール導入が挙げられます。なかでも「LINE公式アカウント」は高い効果が期待できるうえ、簡単に利用を始められる導入ハードルの低さも特徴です。人手不足の解消だけでなく、集客・販促にも活用でき売上アップも目指せるため、飲食店のビジネスに貢献できるでしょう。

 

この機会に「LINE公式アカウント」を活用して、人手不足の解消と集客・販促を同時に行いませんか?

関連タグ:
#スタートガイド

この情報は役に立ちましたか?