メインコンテンツに移動
Webマーケティング入門 公開日:2024.01.19

美容室の集客方法とは?有効な手法やポイント・注意点を紹介

LINE公式アカウント

美容室の売上を高めるためには、的確な集客が必要です。本コラムでは、効果的な集客方法や注意点を紹介します。集客に悩む美容室の方は、ぜひ参考にしてください。

目次

美容室の現状について

容室の集客活動を進める前に、まずは業界の現状を把握するのも大切です。続いて、美容室を取り巻く状況について紹介します。

美容室は過去最高の26万4223軒

図版

先に紹介したように、2021年の美容室の店舗数は過去最高の26万4223軒です。美容室の数は右肩上がりで増えているため、今後も店舗間競争が一層激しくなっていくことが予想されます。

 

また、昨今は美容室に勤務していたアシスタントがスタイリストになり、その後に小規模の店舗を持つケースが増えています。スタイリストにスペースを貸し出すシェアサロンや面貸しも増加し開業費を抑えられることも、開業ラッシュに拍車をかけているでしょう。

美容室の集客における主な課題とは?

図版

美容室の集客を成功させるためには、現状の課題を把握し、対策を考えることが重要です。以下では、集客に関する課題とその対策を紹介します。

美容室の競争が激化している

美容室の出店数は多く、その数はコンビニを上回ります。厚生労働省の「令和3年度衛生行政報告例」によると、美容室は過去最高の26万4223軒を記録しています。一方でコンビニの数は、一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会の調査によると2023年9月時点で5万5790件です。このことから美容室は、ライバル店が多い業界だと言えるでしょう。

 

美容室の生き残りのためには、「入り口(新規)を増やし、出口(失客)を減らす」ことを意識し、新規集客とリピート集客の施策をバランスよく行うのがポイントです。競争が激しい状況を考慮して、集客の課題を解決していく必要があります。

新規顧客の集客が難しい

先述したように美容室は出店数が多いため、新規獲得のハードルが高いことが課題として挙げられます。多くの顧客はすでに行きつけの美容室があったり、予約サイト経由でさまざまな美容室に通ったりしているため、そうした顧客にまずは来店してもらい、定着してもらうための“種まき”も必要となります。

 

例えば、初回来店の際に施術料金の10%オフなどの特典をつけ、その後、「前髪カット無料」「ヘッドスパ無料」などメンテナンスやサイドメニューの特典を付ければ、再度来店してもらうきっかけになるでしょう。

リピーターを獲得しづらい

来店した人を、リピーターとして定着させるのはさらにハードルの高い課題です。リピーターを獲得しづらい理由の1つとして、大手予約サイトの存在が挙げられます。新規で来店する人を増やすのに大変有効な施策ですが、また別の美容室へと流れていく可能性もあるため、何もしなければ再来店につながらないケースも多くなります。

 

リピーターを獲得するには、前項のように1度目の対応で店の良さを伝え、「また来たい」と思ってもらう必要があります。具体的には、以下のような項目が考えられます。

 

・施術前カウンセリングの充実

・顧客に満足してもらえるレベルの施術と接客

・リピーターにとってお得な特典の紹介(誕生月や周年キャンペーンなど)

 

割引クーポンの発行なども有効ですが、それだけでは少しでも安い店舗に大切な顧客が流失してしまいます。価格競争に巻き込まれないためにも安易な値下げをお行うのは避け、一度来店したお客様に満足してもらい、そこから継続的なコミュニケーションを取れるかが鍵となります。

集客にかかるコストの問題

昨今はさまざまなチャネルから情報を発信できますが、美容室は集客方法が多様化しているため、どの方法がより自社にとって効果的なのかの判断しづらいのも課題の一つです。店舗のコンセプトやターゲット層にマッチする集客方法を見つけ、実施することが求められます。

 

また高コストの集客方法が必ずしも有効であるとは限りません。少ないコストで効果を出すには、事前に十分なリサーチが必要です。例えば繁華街の近くにあるサロンならば、街の雰囲気にあった店やヘアスタイルを売りにして、それらを押し出した各種広告(チラシやWeb広告)で新規客を取り込む方法が検討されます。住宅街にあるサロンならアットホームさを売りにして、接客や口コミによる顧客を増やすのが効果的です。

 

どちらも技術的な価値をしっかりと提供しつつ、SNSなどを活用した情報発信をセットに考えてください。美容室の立地や規模によってとるべき集客方法や、かけるべきコストが変わってくるため、事前調査が欠かせません。

若い美容師とお客のボリュームゾーンとの年齢差がある

イメージカット

そのほか、若い美容師と顧客に年齢差がある点も美容室の課題です。

 

日本の女性の平均年齢を考えると顧客のボリュームゾーンは30代以上の大人女性ですが、白髪や薄毛などの髪の悩みに共感して的確に対応できるスキルを持ったベテラン美容師の数は決して多くありません。

 

短期で実行する集客施策とは別観点になりますが、人材育成にもコストをかけ、中長期でお客様を集客・獲得できるように備えるのも大切です。

美容室の集客方法を紹介

図版

新規顧客やリピーターを獲得するには、美容室ならではの集客方法を知ることが重要です。以下では、美容室における基本的な集客方法について紹介します。

美容室の集客方法1.SNSの活用

SNSを利用した集客方法は、現在の主流となっています。各種SNSで美容室の公式アカウントを作成し、ユーザーに直接訴求するのが効果的です。美容室の集客において外せないのは、特に画像投稿型のSNSです。これらを利用して、お客様のスナップ、ビフォアアフター、ヘアスタイリング、作品などを発信する美容師は増えています。

 

発信を見たユーザーから「このスタイルにしてほしい」というリクエストを受けることも多く、SNSは現代のヘアカタログの役割を果たしています。一方で「LINE公式アカウント」は、美容師個人でももちろん利用できますが、サロンとしてメッセージやクーポンを配信し、「お店に客をつける」という発想で利用できるサービスです。

 

「LINE公式アカウント」は美容師だけでなく、美容室全体の集客にも寄与するのが大きなメリットといえます。

美容室の集客方法2.お得なクーポンの配信

お得なクーポンを配信して、ユーザーに来店の動機を与えるのも集客方法の一つです。例えば「初回限定カット+カラー30%オフ」のようなお得な割引クーポンの提供は、新規顧客の獲得につながるでしょう。そのほか、友だちを紹介すると紹介者と被紹介者どちらにも特典があるようなるクーポンを配信することで、新規顧客とリピーターの獲得も期待できます。

 

クーポンはオンラインとオフライン、両方の方法で顧客に提供可能です。例えばオンラインの場合には、「LINE公式アカウント」を活用してユーザーに直接クーポンを配布できます。オフラインの場合には、会計時にクーポンを渡したり、店舗内に自由に取得できるクーポンスタンドを設置するなどのアプローチも考えられます。

美容室の集客方法3.Web広告の出稿

インターネット上に広告を出稿し、店舗のアピールを行う方法も集客につながります。例えば、「美容院 〇〇(地域)」で検索した際に、サロンのホームページやランディングページが上位に表示される検索型広告などが打ち手として考えられます。

美容室の集客方法4.予約サイトに登録する

予約サイトに登録して、店舗の知名度や露出を高めるのも効果的な集客手段です。さまざまな予約サイトがあり、すでに多くのユーザーが利用しているため、美容室を探している人とマッチしやすい点が特徴です。

 

サイトに登録したあとは、ほかの美容室の掲載テキストや写真、スタイリストの紹介、クーポンなどの内容を参考にしながら、ユーザーにとって自分のサロンを魅力的に感じてもらえるようなページ作成を心がけましょう。

美容室の集客方法5.チラシ・DMを配る

チラシやDMの配布は、美容室の近隣にいるユーザーへのアピールとして効果的です。美容室の特徴や魅力を簡潔に伝えることで、来店のきっかけをつくれます。さらにチラシにクーポンを添付すれば、より興味を持ってもらいやすくなるでしょう。

美容室の集客を成功させるポイント

美容室の集客を成功させるには押さえるべきポイントがいくつか存在します。集客を効率良く行うために、一つひとつ開設します。

コンセプトを明確にして差別化を図る

美容室のコンセプトを明確に打ち出し、他店舗との差別化を図りましょう。例えば、「ショートボブに強い美容室」「ダメージヘアの修復が得意な美容室」といった明確なコンセプトを設定することで、他店舗との違いを強調できます。

 

また、特色あるスタイリングメニュー、例えば「海外の最新トレンドを取り入れたスタイリング」や「ウエディングヘアアレンジ」を用意して差別化要素をつけます。

メインのターゲットを定める

美容室の集客では、すべての人を対象にするのではなく、メインターゲットを絞り込むのも重要なポイントです。例えば、「仕事や育児で忙しい30代以降の大人女性」や「髪の悩みを解決したいメンズ」といった具体的な顧客の属性や求めるサービスを把握するために、ペルソナを設定してみると良いでしょう。このペルソナを参考にして、「スケジューリングして美容室に訪れたい」「仕事後にでも気軽に立ち寄りたい」などの行動心理を分析するのも集客を成功させるためのキーになります。

リピーターの獲得に力を入れる

繰り返しになりますが、美容室は新規顧客だけでなく、リピーターの獲得も重要です。「1:5の法則」によると、新規顧客を獲得するためには、既存顧客を維持する5倍のコストがかかります。

図版

既存顧客へのフォローアップ方法として、初回来店時にLINE公式アカウントの登録を促すのがおすすめです。メールマガジンよりもメッセージの開封率が高く、キャンペーンなどのお知らせを定期的に配信することで再来店を促すことができるでしょう。

口コミ・レビューを集める

ユーザーが美容室を選ぶ際、「実際の利用者の声」が大きな影響を持ちます。新顧顧客に選ばれるためには、口コミやレビューの収集がかかせません。実際に「提案してもらったカット・カラーで満足できた」「カット後に普段のスタイリングのアドバイスをもらえた」などといった具体的なコメントを集めることで信頼性が増します。レビューを書いてくれた人にクーポンをプレゼントするなど、顧客にメリットを提供するのが集客の効果を高めるポイントです。

各施策の効果測定を実施する

集客施策を行うだけでなく、効果測定も重要です。例えばLINE公式アカウントでクーポンと一緒にメッセージを配布したら、「何人がクーポン取得し、さらにその何人が実際に来店してクーポンを利用したか」といった具体的な数字を集計し、振り返りを行いましょう効果測定を行うことで、ユーザーの反応を分析して次回の施策に活かすことができます。

美容室の集客時における注意点

美容室の集客施策を実施する時には、その効果を最大化するために以下の注意点を確認しておきましょう。

特定の集客方法に固執しない

美容室は店によってコンセプトや得意分野が異なるため、特定の集客方法に固執せず、さまざまな手法を試すのが成功への近道です。特に最初のうちは一つの集客方法に絞らず、考えられる集客方法を試してその効果を確かめ、自店舗に合った施策を見極めましょう。

他店舗のリサーチは継続して行う

集客についての他店舗のリサーチは継続して行い、情報収集を怠らないようにしましょう。仮に集客が成功しても、他店舗の新たな施策によって大切な顧客を取られる可能性があります。他店舗の変化をこまめに確認して、必要に応じて追加の集客施策を取ってください。

集客につながる機能を積極的に活用する

集客につながるサービスや機能は、積極的に活用するのがおすすめです。例えば、「ヘアカタログ代わりになる画像投稿型SNS」は現在トレンドになっていますが、それだけでは不十分です。そこで、専門の集客機能を利用して顧客獲得を狙う方法があります。集客に役立つシステムがある「LINE公式アカウント」は、特におすすめのサービスです。各機能をチェックし、集客に活用してみてください。

LINE公式アカウントで美容室の集客効果を高める

美容室の集客効果を高める手段として、「LINE公式アカウント」は大きなポテンシャルを持つサービスです。先述したようにサロンとしてメッセージやクーポンを配信し、「お店に客をつける」という発想で利用できる点に加えて、美容室が得意とする「デザイン」に親和性が高いサービスである点も特徴です。

 

例えば、LINE公式アカウントの機能の一つである「リッチメッセージ」や「リッチメニュー」は、自サロンで押し出したいスタイルや世界観をクリエイティブに落とし込み、より視覚的にユーザーに訴求することが可能です。また、「カードタイプメッセージ」を利用したスタッフ紹介や、「ショップカード」を利用してリピーター育成など、再来店を促す際に役立つ機能を無料で利用することができます。

 

使い方次第では予約サイトよりお得にリピーターを増やせるため、これを機に「LINE公式アカウント」の開設を検討ください。

まとめ

美容室の数は年々増加しているため、集客に一層の工夫を凝らす必要があります。新規顧客とリピーターの獲得を進め、顧客を増やす施策を継続して実施するのがポイントです。美容室における集客方法は多数あり、それぞれに特徴・メリットがあります。

 

まずは自店舗に合った集客方法が見つかるまで、さまざまな施策を導入し、振り返りを行なってください。美容室の集客力を高めるには、「LINE公式アカウント」の活用がおすすめです。LINE公式アカウントを友だち追加してくれたユーザーに対して、お得な情報やクーポンを直接届けられます。国内の月間利用者数9,500万人(2023年6月時点)が利用しているプラットフォームで集客ができるため、さまざまな層をターゲットにできます。

 

この機会に「LINE公式アカウント」の資料をダウンロードし、ぜひその特徴を確認してください。

関連タグ:
#スタートガイド

この情報は役に立ちましたか?