メインコンテンツに移動
  • ホーム
  • お知らせ
  • 【ディスプレイ広告】サーチキーワードターゲティングの移行と提供終了について

【ディスプレイ広告】サーチキーワードターゲティングの移行と提供終了について

2023.12.12 アップデート予定

更新履歴

2023年12月12日 新規リスト種別「高度なセグメント」の提供開始に伴い、記事を更新しました。また、資料に仕様の詳細を追加しました。
2023年11月28日 本記事の掲載を開始しました。

 

対象サービス

Yahoo!広告 ディスプレイ広告

 

概要

先般、「【ディスプレイ広告】オーディエンスターゲティングの刷新について」でご案内したとおり、設定済みのサーチキーワードターゲティングを

オーディエンスリストターゲティングへ移行し、サーチキーワードターゲティングの提供を終了いたします。
サーチキーワードターゲティング、およびオーディエンスリストターゲティングの詳細は以下のページを参照してください。

サーチキーワードターゲティング
オーディエンスリストターゲティング

 

また、本件の詳細は、以下のボタンから資料(PDFファイル)をダウンロードしてご確認ください。
※資料に仕様の詳細を追加しました(P.27~38)。

資料をダウンロード

 

サーチキーワードターゲティングをオーディエンスリストターゲティングに集約

実施日

2023年12月11日(月)

 

概要

サーチキーワードターゲティングをオーディエンスリストターゲティングの1つとして集約したオーディエンスリストの新規リスト種別「高度なセグメント」を提供開始しました。

従来のサーチキーワードターゲティングでは、候補一覧からキーワードを選択してリストを作成していましたが、「高度なセグメント」では任意のキーワードを入力することで、キーワードを基に機械学習で最適なオーディエンスリストを作成します。このリストを利用することにより、入力したキーワード自体を検索したインターネットユーザーだけではなく、該当のキーワードと検索行動の類似性が高いユーザーにも広告が配信されます。

 

補足

  • 入力するキーワードは審査が行われます。広告データ利用基準に抵触するキーワードは登録できません。
    広告データ利用基準 第3章 データの利用
    「1. 慎重に扱うべき個人に関するデータを利用したターゲティングの禁止」
    「8. 未成年者への保護」
  • 既存の「サーチキーワードターゲティング」と「高度なセグメント」はしばらく並行稼働します。最終的には「高度なセグメント」に移行していただく必要があるため、今後は「高度なセグメント」のご利用をおすすめします。

 

サーチキーワードターゲティングの移行機能の提供について

提供開始時期(予定)

2024年秋頃

※時期は変更になる場合があります。

 

概要

広告管理ツールにてオーディエンスリストターゲティングへの移行機能を提供予定です。機能の詳細は、確定後あらためてご案内いたします。

なお、本機能の提供開始と併せて、サーチキーワードリストの新規作成は終了予定です。

 

サーチキーワードターゲティングの提供終了について

提供終了時期は未定です。

詳細が決まり次第、お知らせいたします。